お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

意外な結果!? 「はっきり物を言う女性」vs「ひかえめな女性」! 男性に人気があるのは……。

ファナティック

ひかえめであることが日本人の美徳とされていた時代もありましたが、昨今は物事の流れがどんどん高速化していることもあり、はっきりと物を言うことを良しとする傾向もあります。どちらのタイプの女性が好感度が高いのか、社会人の男性に聞いてみました。

Q.物事をはっきり発言する女性と、ひかえめであまり主張の強くない女性なら、どちらがいい?

 「物事についてはっきり発言する女性」……48.0%
 「ひかえめであまり主張の強くない女性」……52.0%

ひかえめな女性のほうが若干人気が高い結果となりました。それぞれの理由を見てみましょう。

【「物事についてはっきり発言する女性」派の意見】

■本音がわかるから

・「何を考えているかわからないよりも、明確なほうが落ち着くため」(33歳/情報・IT/事務系専門職)
・「どうしたいのか、はっきり言ってもらったほうが気が楽だから」(28歳/建設・土木/技術職)

その場では少しきつい印象を受けても、見方を変えれば裏表がない性格とも受け取れます。はっきり発言する女性とは本音で話し合えるため、意外に気が楽だという男性もいるようです。

■頼りになるから

・「迷ったときにきちんと助言してくれそうだから」(29歳/農林・水産/技術職)
・「自分の考えをしっかりと持っていて頼もしいから」(33歳/機械・精密機器/営業職)

はっきり発言する女性は自分の考えに自信を持っています。物事を相談するならこのタイプの女性のほうが的確なアドバイスが期待できます。親身になって考えてくれるという意味ではひかえめな女性よりも頼りになる場合もあるでしょう。

【「ひかえめであまり主張の強くない女性」派の意見】

■ケンカしたくないから

・「あまりはっきりしていてもイライラしそうなので」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「はっきり発言する人だと、意見が衝突してケンカになりそうだから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

はっきり発言する女性は人に嫌われることをあまり恐れない傾向があります。そのため、相手との考え方の相違が浮き彫りになることも多々あるでしょう。自分が判断を下したい男性にとっては、はっきり物申されるのは、あまりおもしろいことではないようです。

■はっきり主張する必要性がない

・「道義的にまちがってることについての発言を除けば、世の中の大半の物事は白黒はっきりつけなくても、正直誰も困らないと思っているので、わざわざ自己の主張を必死に展開する必要はないと思う」(32歳/商社・卸/営業職)
・「どうせ強くなるのに最初から強いと心配」(32歳/医薬品・化粧品/営業職)

そもそもそれほどまで強く主張する必要性がどこにあるのかという意見です。主張して我を通したとしても結果が大きく変わることはそれほど多くありません。今夜の晩御飯を何にしたいかを必死で議論し、ケンカする必要はないのです。

まとめ

はっきり物を言う=性格がきついと思われがちですが、ひかえめで意見を主張しなくても心の底では何を考えているかわからないという人もいます。大切なのは、その場に応じた使い分けです。言うべきところではしっかり言う、言う必要のない場面では口を慎むといったメリハリのある主張をするよう心がけましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]