お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

お願いだから、ここまではやって! 理想的な、男性との育児分担割合、なんと1位は?

ファナティック

パパとの育児分担が「どうもおかしい……」と、納得できていないママさんは多そうですよね。そこで「理想の育児分担はこれ!」という割合を既婚女性に聞いてみました。パパさん方! 内心ママさんはこれが理想だと思っているんですよ!

Q.既婚女性に質問です。理想的なパパとの育児分担の割合を教えてください。

10:0でママ……3.3%
9:1でママ……2.7%
8:2でママ……8.0%
7:3でママ……28.7%
6:4でママ……29.3%
5:5で半分……24.0%
4:6でパパ……2.0%
3:7でパパ……1.3%
2:8でパパ……0.0%
1:9でパパ……0.0%
0:10……0.7%

今回のアンケートでは1位が「6割ママ、4割パパがもっとも理想」だという回答でした! 実際のパパの育児分担は恐らくもう少し下なことが多いはず。「もう少し分担してよ!」というママさんたちの声が聞こえてきそう? ではどうしてそれが理想なのか、詳しく聞いてみましょう。

育児分担は「少しママが多い」が本当は理想

・「ママのほうが細かいケアが上手だと思うので、ママが少しだけ多目に育児担当をしたほうが、子どもにとってはいい影響があると思うから」(37歳/その他/その他)

・「どうしてもパパの割合がママを越えることはないと思いますが、やはり半々近い位置で共有できるのが理想です」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ママ中心になって進められやすい育児ですが、実は「本当はパパにも、もっと育児に参加してほしい」と思っているのがママの本音。「育児はママに任せておけば間違いない」のはもちろんですが、「これとこれはパパに任せておけ」という言葉が本当はほしいのです!

少し譲って7割でもいい!

・「土日とか休みくらいは旦那がある程度しないと子どもに距離置かれると思うから。半分ほどできるのベターなのかもしれないけど、仕事で疲れているところに育児はプレッシャーだろうし」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ママから言われなくてもお風呂に入れたり、寝かしつけを手伝ったり、食事の補助をしてあげてほしいから」(33歳/その他/その他)

またパパは平日仕事なのを考えて、少し譲ったとしても「7割ママ、3割パパが理想」という人も多いよう。ただしこれが理想だということは、これができていない家庭も多いということなのかもしれませんね。3割くらいは、パパ頑張って!

育児は半々でちょうどいい

・「ママも復帰したら、状況は同じなので、半々のほうが公平です」(35歳/情報・IT/技術職)

・「お互いのできることとできないことを補いながら二人で平等に分担したい」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

育休中はいいとして、本格的に職場復帰となるとママ負担が多い現状はやっぱりきついですよね。働いていて大変なのは夫婦とも同じ。二人で家計を支えていくと決めたなら、やっぱり子どもも夫婦二人で支えていかなくちゃ、ですね。

譲りに譲って8割までは

・「ちょっとしんどくなったときだけでいいからパパに預けたい」(37歳/その他/その他)

・「家事は10:0でもいいけど、親になった自覚があるなら最低限この程度はやりたいと思って自然だと思う」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

譲りに譲っても、やっぱり最低限のラインとしてパパには2割負担をお願いしたいというママさんも。もしやこれすらできていないパパさんも多い!? 自分の子どものことなのに、ママに丸投げはいけませんよね。最低限2割はお願いしたい!

育児も仕事も同じ。体や心の調子が悪ければ、仕事が手につかないこともあります。そしてこういうとき、一番に頼りたいのがパパさん。ぜひすべてのパパさんたちには、ママの抱えている負担をほんの少しでいいので、いつもより多く背負ってもらえるとうれしいです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~38歳の既婚女性)

お役立ち情報[PR]