お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

男性が「結婚=ゴール」じゃない! と考える3つの理由

ファナティック

人生の中で最も大きなライフイベントのひとつと言える「結婚」。この節目を「ゴール」と捉える人も中にはいますよね。独身生活のある意味、ゴール、フィナーレの瞬間ではありますが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は、社会人男性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q. あなたは、「結婚=ゴール」ではないと思う瞬間はありますか?

「ある」……66.0%
「ない」……34.0%

約6割の男性が「ゴールではない」と答えていますね。では、その理由を教えてもらいましょう。

ゴールではなく、スタート

・「それからの日々が本当の人生だから」(22歳/金融・証券/専門職)

・「新しい生活がはじまると思うため」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「そこから本当の生活がはじまると思うから」(33歳/情報・IT/技術職)

・「むしろスタートだと思う」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

ゴールどころか、結婚するまでの独身時代が助走かウォーミングアップの期間で、これからがスタートを考える人が多いようです。新たな人生のはじまり、ということですね。

結婚してからが盛りだくさん!

・「結婚してからが大変そうだから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「その後が極めて大変だと思うから」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「そこから長い道のりが待ってるから」(38歳/情報・IT/技術職)

・「これからだという感じが多い」(28歳/医療・福祉/その他)

結婚してから起こるライフイベントは、今までの人生よりもたくさん起こるはず。結婚よりもインパクトのあることも起こるかもしれません。

ゴールはもっと先

・「人生のゴールは死ぬときだと思っているから」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ゴールは定年退職だと思っているから、結婚は通過点だと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「子どもができて、幸せで安定した生活ができてからがゴール」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「結婚して、子どもを一人前に育てることがゴールだと思います」(38歳/電機/技術職)

結婚は大きな節目ではあるけれど、通過点でもある……そういう考え方もあり。長い人生、結婚はあくまでも人生の「節目」のひとつであり、ゴールではない、というのはたしかにその通りかも。

まとめ

数あるライフイベントの中で、結婚は他人との人生が交わる大切で、重要なもの。だからと言って、結婚すればあとはもう適当に暮らしていいかと言われれば、決してそうではありません。パートナーとの明るい未来のために、結婚してからより一層がんばらなきゃ、と思うのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数106件(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]