お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

他人に見られたら終わり! 女子の家での珍行動「フライパンのまま食す」「●●姿でウロウロ」

ファナティック

ワン自宅で一人っきりのときは、誰にも見られていない安心感からか外では見せないようなだらしない格好でいるのも平気。いつもは、おしゃれにも気をつかって、人からの視線を気にしているんだから、家で過ごすときくらいは誰にも遠慮せずいたいものですよね。今回は、人には見せられないけれど「実はこんなことしてるんです」という自宅での珍行動について女性たちに聞いてみました。

食事の仕方がだらしない

・「あぐらをかきながら、ごはんをかきこんでいる。あまりにお下品なので」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ノーメイク、パジャマ姿でカップラーメンを食べている姿」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「フライパンのまま食べていること」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「寝っ転がってテレビを見ながらお菓子を食べること」(23歳/医療・福祉/専門職)

外ではお上品に食事マナーを守りながらお食事。でも、家に帰るとあぐらをかいてごはんをかきこんでいたり、調理したフライパンから直接食べたりとなかなかだらしない女性もいるようですね。テレビを見ているときに、口寂しくなったからといって、寝転がったままお菓子をポリポリ。やったことがあるという女性も多いのでは?

洋服に気を使わない

・「お風呂上りにしばらくパンツ一枚で過ごす」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「スウェット姿のだらしない格好でウロウロしているとき」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「夏場はブラトップにTバックで家の中をうろうろ。ブラトップが暑いときは、胸の下までまくりあげてる」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

お風呂から出たあとは誰も見ていないから全裸かパンツ一枚。汗がひくまで洋服を着る気にはなれないしという気持ちはわかりますが、さすがに人に見せられた格好ではないですよね。このままでは外に出られないというスウェット姿や、胸の下までまくり上げたブラトップというのも、一人でいるからこそできるファッションかも。

歌ったり踊ったり

・「変な手の動きをしてみたり、テレビへの反応で変な顔をしたりしているところ。小さな声でひとりごとをつぶやき続けるなど」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「変顔しながら変な踊りをしてること」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「家を閉め切って大声で歌を歌う」(26歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

大声で歌ったり、好きな音楽に合わせて踊るのはストレス発散にもぴったり。でも、変顔をしながらというのは人に見られたら恥ずかしいですよね。他にもテレビにいちいち反応してみたり、独り言をつぶやき続けるというのも「一人暮らしあるある」ですが、冷静に考えるとちょっと怖いかも。

これじゃ、人に見られたくないと思うのも納得の恥ずかしい姿。でも、女性のみなさんなら「みんな同じことやってるんだ」と安心できてしまう部分もありそうですね。外ではビシッと決めているからこそ家に帰ったときには、思いっきりだらけた姿でゴロゴロしたい! オンとオフのメリハリをきちんとつけられているのであれば、自宅で過ごす時間くらいはダラけていても大目に見て欲しいと思ってしまうのは働く女性の宿命なのでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数244件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]