お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

なるほど、これが「男のロマン」か! 男ゴコロがわかるモノ4選

ファナティック

男のロマンが詰まったアニメや映画

熱くなると何を言っても耳に入らず、ひたすら目標に向かって突き進んでしまう男性。そんなに「男のロマン」って魅力的なものなのでしょうか? そこで社会人男性に「男のロマンとは何か」が学べるアニメや映画について聞いてみました。

冒険こそが男のロマンだ!

・「インディ・ジョーンズ。全般に冒険ものは男の妄想をかき立てる」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「紅の豚。夢を追うロマンが描かれている」(32歳/通信/技術職)

世界中を自由に駆け巡り、ひたすら冒険や夢を追い求める男性が描かれた作品は、「男のロマンを追い求める気持ち」がとてもわかりやすく描かれているのだとか。ひとつのところに落ち着いてくれない男性を理解するのにいいかもしれません。

命もかけてでも何かを成し遂げる、それが男のロマン!?

・「MONSTER。テンマの命をかけたおとこ気がすごい」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「からくりサーカス。加藤鳴海の生きざまを見てもらいたい」(29歳/医療・福祉/専門職)

家族のためでもなく、愛のためにでもなく、何かを成し遂げるために命を賭けられる。それが「男」なのかも!? 女性は愛する人のためなら何でもできるところがありますが、こればかりはなかなか……。容易には理解しにくい男性の一面ですよね。

みんなで何かを成し遂げる、そこに男のロマンがある

・「SLAM DUNKは男子の青春を描いたいい作品」(28歳/金融・証券/専門職)

・「ONE PIECE」(26歳/農林・水産/技術職)

チームワークとチームプレーで偉業を成し遂げていく、そこにも「男のロマン」が。女性同士は集まれば集まるほど、いざこざが増えやすいイメージがありますが、男性がそうならないのはそこに何かキラキラしたものがあるからかも?

仕事で大きなものに立ち向かう、それも男のロマン

・「山崎豊子さんの作品。白い巨塔など」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「サラリーマン金太郎。仕事に関する気持ちは女性には分からないと思う」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)

社会の闇や大きな権力に自分の腕と知恵と勇気で立ち向かっていく、それも男のロマン。仕事仕事といつも忙しく、自分とのことは後回しにしがちな彼氏が何を思い、何と日々戦っているのか。それを理解できる作品かもしれませんね。

男性が人生に何を思い、どんなキラキラしたロマンを追い求めているのか。それがわかるのがこれらの作品なのだとか。彼氏の心の中をこっそりのぞいてみたいときは、こんな作品を見るのがおすすめです!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]