お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

白状します! 女子●●%⇒ビニ傘を持ち去ったことがある、と回答!

ファナティック

強風いかなる理由があっても、人のものを盗むことはやってはいけないこと。わかってはいても、人間、いざとなればどのような選択をするのかはわからないものです。例えば、急な雨で傘を持ってきていないとき、放置されているビニール傘を持ち去ったという経験はありませんか? 今回は女性のみなさんに過去のあやまちを白状していただきました。

Q.誰かのビニール傘を持ち去った経験はありますか?

ある……9.1%
ない……90.9%

実際に人のビニール傘を持ち去ったことがある、と回答した女性が少数ながらいるようです。では、そのときの状況やエピソードについて聞いてみましょう。

誰かが忘れていったから

・「閉店間際の店で、いる人数よりはるかに傘が多かったので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ずっと会社に放置されている傘と知っていたから、持って帰ったことがある」(28歳/機械・精密機器/営業職)

明らかに所有者が不明の傘を拝借したという事情のようです。何カ月も置き去りの傘を一日使ったところで誰も困りはしないとは思いますが、どんどん家にビニ傘が増えていくという事態は避けたいものですね。

みんなもやっていたから、つい……

・「高校のとき、パクられたらパクリかえすという変なルールがあって、大雨で帰れないのも嫌だったのでやってしまった」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

なんとも不条理なルールですが、人を困らせると自分も困ることがあるということを実感させられる経験談ですね。その後、この方は自分の傘をパクられることなく、卒業を迎えられたのでしょうか。

急な雨でやむを得ず……

・「賃貸営業をしているとき、物件確認を一人でしていたら急に雨が降ってきたけど、時間を無駄にできなかったので、そのマンションに無造作に落ちていた傘を拝借した」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「雨が強く、傘なしでは厳しかったので。そのまま持ち帰った」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

朝は晴れていたのに、急に空が真っ暗になり、バケツをひっくり返したような雨が降ってくることがあります。傘なしでは一歩も外に出られないような状況下では買うという判断よりも、目の前にある誰かの傘を拝借するという手段が頭をよぎるのでしょう。

悪意はなかったんです!

・「自分のと間違えてしまった。あとで気づいた」(26歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「急に雨が降ってきたので、会社の置き傘を使った」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

単なる間違いで持ち帰ってしまったり、会社の備品を使ったという人も。この場合は特に悪意はないので、もとに戻したかどうかがポイントになります。次に見たとき、その傘がなくなっていたら、持ち主のもとに戻ったのかもしれませんね。

ビニ傘は安価な上、特徴がないものも多く、所有者側も使い捨てのような感覚で置いていくこともあります。所有者がわからないビニ傘は大量にありますが、拝借する際は保管している人に聞いたほうが無難でしょう。持ち主不明の傘を拝借しなくてもいいように、天気予報をしっかりチェックしてから出掛けましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数295件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]