お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 6人の眠り姫

女性に聞いた! 幸福な“感触”といえば?

ファナティック

無意識に耳たぶを触ったり、髪の毛を触ったりしていたことはありませんか? もしかしてその行為は心が癒しを求めていたり安心感や幸福感を求めているからかもしれません。あぁできることならずーっと触っていたい……そんな幸福な感触といえば? 女性たちにアンケートで聞いてみました。

■ふわふわの布団

・「冬の毛布のふかふか。暖かくて心地いいから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「ふかふかのベッドやソファのような感触。温かくて落ち着く感じ」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「干したてのお布団。子どものころ取り込んだばかりのお布団に飛び込むのが大好きだったことを思い出すので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

ふかふかふわふわの布団の感触は幸せ以上の何者でもありません。ふんわり温かくてクサクサした気持ちがあってもスーッと消えていくように包んでくれます。天気のいい日はしっかり干せば幸福感倍増!

■彼のぬくもり

・「彼氏に触れているとき。彼と触れ合っていることが1番幸せ」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「彼の筋肉質な腕の中」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「腕枕をしてもらって彼のおなかを触っているとき。気持ちよくてすぐ寝れる」(25歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

彼のふわふわな髪の毛の触り心地という人もいれば、ぷにぷにのおなかの触り心地、筋肉質な腕とさまざまな意見がありましたが、好きな人と一緒にいて温もりを感じることができればそれが大好きな感触になるのかもしれませんね。

■動物の感触

・「ネコの肉球の感触。人工的に作れない独自の硬くて柔らかい気持ちよさがあるから」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「猫の肉球。プニプニ感がいい」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「飼っているチワワの腕の毛の感触。すべすべで最高」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

動物たちはただ居てくれるだけでも愛らしくて幸せな気分になるのに、さらに幸せ度を高めてくれるのがその触り心地ですよね。特にぷにぷに柔らかな肉球好きは多いのもうなずけます。

■枕やタオルのももふもふ

・「枕を抱いた感じ。ふわっとしていて、きもちいいから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「ふわふわのタオル」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「低反発枕。触り心地がたまらない」(24歳/機械・精密機器/技術職)

洗い立てのタオルのふわふわもふもふ感、肌触りのいい枕、たまりませんよね。特に枕はリラックスして眠りに落ちるときに使っているアイテムですから肌触りにこだわっている人も多いのでは?

■柔らかい食べ物

・「もちっとした感触、雪見だいふく食べたときおいしいから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「もちもち。パンを発酵させたあとの生地。気持ちいいから」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「フォークでケーキを刺したときの感触。ケーキを食べるのが好きだから」(29歳/金融・証券/営業職)

みんな大好きもちもちやふんわりの感触は食べ物にも多くありますよね。ふんわりしたケーキにマシュマロ、流行のパンケーキなんかが人気なのはその感触のせいもあるかもしれませんね。

私たちは五感をフルに使って癒されたり幸せな気分になったりできますが、実際触ってその感触を確かめられる幸せ感は格別です。ふわふわもふもふ系が一番人気でしたがあなたはどんな感触に幸福を感じますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数163件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]