お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

まだまだブームは終わらない! プリーツガウチョで、秋をガーリーに楽しもう

さとうまほ/Pistachio

可愛らしさと上品さを表現できるプリーツスカートは、秋冬定番アイテムのひとつ。ブームの続く「ガウチョパンツ」と合体した「プリーツガウチョ」が登場し、新たな話題になっている様子。TwitterをはじめとするSNSでも「ガウチョなのにガーリーで使いやすそう」、「秋冬に向けて上品に着てみたい」など視線を集めています。最旬アイテムを取り入れて、一歩先行くオトナ女子スタイルで出かけましょう。

なぜ今プリーツガウチョが登場したの?

「メンズライクなイメージで今夏より大人気のガウチョパンツは、秋冬も引き続き支持されています。ただし、長いトレンドとなったことで、女性らしさやフォーマル感などの“新鮮さ”が求められるようになってきたのが今シーズンの特徴。ガーリーで品のあるプリーツガウチョは、まさに最新トレンドといえます」(Hiromiさん)

秋らしいガーリースタイルを気軽に楽しめます◎[DHOLIC/ニットプリーツワイドパンツ 税抜4950円  http://item.rakuten.co.jp/d-holic/b45135/ ]

秋らしいガーリースタイルを気軽に楽しめます◎[DHOLIC/ニットプリーツワイドパンツ 税抜4950円  http://item.rakuten.co.jp/d-holic/b45135/ ]

今年の秋冬マストバイ! 手に入れたい「プリーツガウチョ」の特徴

代表的なプリーツは、細かいタイプと幅広タイプの2種類。Hiromiさんいわく、今季の主流は「アコーディオンプリーツ」とも呼ばれる細かいタイプなのだそう。プリーツガウチョでもこちらが多く見られます。また、同じアコーディオンプリーツを使用していても、裾広がりのミモレ丈やロングスカートに似たものなど、ガウチョの丈によって大きく雰囲気が異なるので、ガーリー派とクール派のどちらにも取り入れやく、幅広く楽しめるのがうれしいポイントです

プリーツの細かい「アコーディオンプリーツ」[オシャレ製作所/プリーツ ガウチョパンツ:naning9(ナンニング) 税抜5537円  http://www.osharefactory.jp/products/detail.php?product_id=271600039]

プリーツの細かい「アコーディオンプリーツ」[オシャレ製作所/プリーツ ガウチョパンツ:naning9(ナンニング) 税抜5537円  http://www.osharefactory.jp/products/detail.php?product_id=271600039]

スタイリストさん教えて! 旬な着こなしを作るコツ

旬な着こなしにトレンドカラーは外せません。マスタードやレンガ色など流行カラーのプリーツガウチョなら、お手軽に最旬コーデが完成します。でも、着まわしを考えると黒や紺、ベージュなどベースカラーのプリーツガウチョも手に入れたいところですよね。そこでそんなときは、トップスにトレンドアイテムをもってくることで旬っぽさをプラスしましょう。Hiromiさんも「秋冬ならではのブーティーやサイドゴアなどのショートブーツなら、さらに新鮮なイメージになります」と教えてくれました。

あわせるのにおすすめのトレンドアイテム

Hiromiさんのおすすめは、首つまりトップスやシンプルなプルオーバー。通常のガウチョパンツだと、平面的でのっぺりとした印象になりがちですが、凹凸のあるプリーツガウチョとあわせることで、上下のメリハリと動きがプラスされ、全身のバランスが整います。

また、プリーツの縦長効果で、ケーブル網ニットなどボリュームのあるトップスとも相性抜群。「シャツ+ニットベスト」でスクールガール風にまとめても可愛いし、デニムシャツやデニムジャケットをもってくれば、大人カジュアルスタイルができあがります。

プリーツ幅の大きいものなら、オトナっぽい空気感をまとえます[オシャレ製作所/タック ワイドパンツ プリーツ:naning9(ナンニング) 税抜7389円  http://www.osharefactory.jp/products/detail.php?product_id=271100217]

プリーツ幅の大きいものなら、オトナっぽい空気感をまとえます[オシャレ製作所/タック ワイドパンツ プリーツ:naning9(ナンニング) 税抜7389円  http://www.osharefactory.jp/products/detail.php?product_id=271100217]

オトナ女子でも大丈夫! 適度なガーリーな感を作る方法は?

ガーリーすぎない着こなしのポイントについて「足元が大切」だというHiromiさん。ヒールパンプスやブーティーなど、オトナな雰囲気でまとめれば、ガーリー感を薄められるそうです。ヒールが苦手な人は、オックスフォードなどメンズライクなシューズをセレクトすれば、きりっとした印象に。ジャケットと一緒なら、オフィス使いにもぴったりなコーデに仕上がります。

足元にヒールを選べば、ぐっとレディライクに[オシャレ製作所/プリーツ ガウチョパンツ:naning9(ナンニング) 税抜5537円  http://www.osharefactory.jp/products/detail.php?product_id=271600039]

足元にヒールを選べば、ぐっとレディライクに[オシャレ製作所/プリーツ ガウチョパンツ:naning9(ナンニング) 税抜5537円  http://www.osharefactory.jp/products/detail.php?product_id=271600039]

また、Hiromiさん一押しは、インナーにタイブラウスを使ったコーデ。揺れるリボンが、きちんと感を持たせつつも、ふんわりとした優しさを演出してくれるのだとか。トレンチコートやレザージャケットとあわせれば、オトナ女子向けの「甘辛ミックスコーデ」が完成します。

まとめ

コーデ次第で、ガーリーにもカジュアルにも着こなせるプリーツガウチョ。ガウチョに飽きはじめた方も、自分だけの新しいスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(さとうまほ/Pistachio)

さとうまほ/Pistachio

クリエイティブユニット・Pistachioに所属。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、一般企業に勤務。紆余曲折を経ながらも文筆業への夢を諦めきれずライター業に挑戦、今に至る。現在はファッション、フードなど女子にうれしい分野をメインに執筆。分野にこだわらないオールマイティーなライター目指して、趣味のお酒に溺れながら日々奮闘中。

この著者の記事一覧 

SHARE