お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子が許せないサプライズは? 「喜ばせといて、ガッカリさせる」or「ひどい目に合わせて、嘘でした」

ゆめみん/OFFICE-SANGA

どっちのサプライズがいい?よくバラエティー番組などでは、ドッキリの企画がありますよね。不思議なくらい楽しいことがあって浮かれていたら、最後に落とし穴に落ちたり、逆にひどい目に遭ったと思ったら「ちがうよ~」と言われてホッとしたり。皆さんならどちらのサプライズを選びますか? 働く女性に聞いてみました。


Q.喜ばせた後で「すべては嘘だとネタばらし」、ひどい目に合わせた後で「ドッキリでした」、どちらのサプライズなら許せますか?

喜ばせた後で「すべては嘘だとネタばらし」……30人(16.8%)
ひどい目に合わせた後で「ドッキリでした」……149人(83.2%)

ひどい目に合わせた後で「ドッキリでした」を選んだ女性が多数! 最後にガッカリするのは嫌ですよね。それぞれを選んだ理由を紹介します。

<ひどい目に合わせた後で「ドッキリでした」>

■ひどい目に耐えられるのか

・「後でがっかりさせるなんて後味が悪いから」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「下げて上げる方がいい! でも、ひどい目に合った点に関しては本当にブチ切れると思う」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「後で落とされることほど自分にとって屈辱はないから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

いくら後で「ちがうよ」と言われても、すでにひどい目に合ってしまうとつらい気持ちだけが残りそうです。これでは許せるものも許せなくなってしまいます。それでも、最後にガッカリするよりはマシかも!?

■がっかりは嫌だ

・「がっかりするのが嫌だから。でもひどい目というのも限度があるしイライラしそうで、やはりどっちも嫌です」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「結果的にうれしいほうがいい。喜ばせて後でがっかりは、よく彼氏にやられるが、かなりテンションが下がるからもう嫌だ」(31歳/商社・卸/営業職)

・「喜ばせて後でがっかりはがっかりした気分のしまいようがないから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

たとえつらい目に合っても、最後に笑えればそれで良し! ということでしょうか? たしかに、楽しい気分で過ごしていたのにがっかりさせられては、それまでの気持ちをどうしていいのかわからなくなってしまいそう。

■どっちのがっかりが許せるか

・「心理学的にもそっちのほうがいい。前者は嫌われます」(33歳/建設・土木/技術職)

・「最初がっかりの方が、喜びは倍」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「終わりにいいことのサプライズの方が許せる」(30歳/医療・福祉/専門職)

結局は、どちらのサプライズなら許せるか、受け入れられるか……。人間の心理は難しいものです。実際にそういう目に合ってみないとわからないと思います。サプライズを計画している人は、そういうことも含めて検討してみてくださいね。

■ホッとしたい

・「結果的に安心できる方がいいです」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「最後が良ければすべて良しに出来るから」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「最後にホッとする方がいいから。最後にがっかりすると空気が悪くなると思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

いままで不安な気持ちだったとしても、それが全部ちがうのだから不幸ではない=幸せという結論が出せるのかもしれません。悲しい思いをしたとしても、結果オーライ!? そのかわり、すべてが吹き飛ぶほどのハッピーを用意してほしいですね。

<喜ばせた後で「すべては嘘だとネタばらし」>

■ひどい目に合いたくないから

・「ひどい目には嘘でも合いたくない。トラウマになりそう」(27歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「ひどい目に合わされるのは嫌なので、後からがっかりしても喜ばされるほうがマシ」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「がっかりくらいならいいけど、ひどい目に合わされるのは嫌だから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

たとえウソでもひどい目に合いたくないなら、喜ばせて後でガッカリの方を選ぶでしょう。ガッカリさせられるとしても、つらい思いをしないだけいいのかもしれません。

■少しぐらいメリットも欲しい

・「ばかばか~~(彼氏の名前)~~! て言う感じで甘えられる」(24歳/食品・飲料/技術職)

・「どちらも失望するがひどい目に合うのは嫌だから」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

サプライズは、どちらにしても心が乱れるのには違いない。だからこそ、せめてひどい目には合いたくない。だから「喜ばせて後でガッカリ」の方がマシという声も多かったです。たとえ喜んだ後にその話はなかったことになるにしても……。

どちらの意見も、わかる気がします。結論はなかなか出そうもありませんが、やっぱりサプライズは本当に喜べるものがいいですね。友人や恋人を驚かそうと思っている人も、相手が困るようなサプライズにならないように気をつけたいものですね。

(ゆめみん/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数179件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]