お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 6人の眠り姫

生活習慣に価値観のちがい……。彼と一緒に暮らすときに不安なこと5つ

ファナティック

大好きな彼と一緒に暮らしたい! という思いが現実になったとき、うれしさの反面、決めておくべきことなど細かいことが気になってくるもの。お金に家事、生活習慣など上げればたくさん出てきそうです。では、一番不安に感じることはどんなことなのか、働く女性のみなさんに聞いてみました。

■お金のこと

・「お金の管理や家事などでもめて別れることになったらどうしよう……とか。結婚を考えて同棲したのに~ってなりそう」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「お金をどう分担するかの話し合いがうまくいくかどうか不安」(29歳/金融・証券/営業職)

一番先にきちんと取り決めておかないとトラブルの原因にもなりやすいのがお金の問題。家賃高熱費、食費をどのようにお互いの財布から出すのか、暮らしはじめる前にしっかり話し合っておきましょう。

■ダメな部分を受け入れてもらえるか

・「一緒に暮らすことで嫌われないか。自分がずぼらなので、女性らしくないと嫌われないか心配」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「変な癖が発覚して、お互いに嫌いにならないかどうか」(32歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「すべてをさらけ出せるかどうか。そしてそれを受け入れてもらえるかどうか」(226歳/金融・証券/販売職・サービス系)

家族の前やひとり暮らしだとどんなぐうたらでどんな癖があっても許されますが、大好きな人が相手だとそうもいきません。今まで見なかった素のお互いを受け入れられるかどうか不安な人が多いようです。

■生活習慣が合うかどうか

・「生活パターンや価値観が合うかどうか不安」(32歳/不動産/専門職)

・「ひとりの時間もほしいが、確保できるか」(27歳/商社・卸/技術職)

・「生活習慣がお互い合うかどうか。私のすっぴんや部屋着を見て引かないかどうか」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

彼のことは大好きだけどひとりの時間もやっぱり必要。きちんと自分たちの時間が取れるか、お風呂や食事のタイミングなど生活パターンや習慣が合うかは気になりますよね。

■家事の分担がうまくいくか

・「家事などの負担に耐えられるか不安になる。家事を嫌いな自分を彼が呆れるのではないかと不安になる」(32歳/建設・土木/技術職)

・「家事の分担。最初に自分がやってその係にされるのがいや」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

お互い仕事を持っているわけですから、食事の準備に掃除、洗濯、あと片付けなど、うまく分担できなければ生活が成り立たず不満が出てくる可能性も。お金の問題の次にしっかり話し合っておく必要があるかも。

■寝室の問題

・「寝相やいびきなどで相手の眠りを妨げないかどうか。よく家族に指摘されているから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「同じ寝室でリラックスできるか不安」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

毎日一緒に寝られることは幸せですが、きちんと眠れるか心配している人も多いようです。寝相の悪さやいびきなども毎日のこととなると大きな問題。ベッドが小さすぎないようになども検討が必要かもしれませんよ。

いかがでしたか? ひとつ屋根の下で一緒に生活をする以上、避けて通れないことばかりですが、些細なことが気になったりこれだけはイヤ! ということも出てくるかもしれません。元は他人同士ということをしっかり考慮して、譲り合いや話し合いで小さなトラブルの目も解消していくのが不安を打ち消す一番の方法かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数163件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]