お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

今は正直それどころじゃない……! 恋愛ご無沙汰男子のホンネ4つ

ファナティック

彼女がいなくてもまったく気にしないどころか、恋愛以外のことに注力し、我が道を歩んでいる男性は意外にも多いもの。今は恋愛どころじゃない! と言って、恋愛を二の次にしている男性の本音を、社会人の男性に聞いてみました。

Q.「今は恋愛どころじゃない」と思ったことはありますか。または現在そう思っていますか。

はい……33.1%
いいえ……66.9%

実に3割以上の男性が、恋愛どころじゃないと思った経験があると回答しました。「はい」と回答した男性に、そのときのエピソードを聞いてみました。

■仕事が忙しいとき

・「仕事が忙しいまさに今。恋愛にムダな時間を割いている余裕はない」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「毎日サービス残業をして、土日も家で仕事してた」(33歳/機械・精密機器/営業職)

仕事に没頭して「正直、恋愛どころじゃない」と思うときは女性も心当たりがあるのでは?

■趣味が充実しているとき

・「趣味が楽しくて恋愛はしなくても楽しい」(32歳/情報・IT/技術職)

・「毎日趣味の時間が大切で、ここに女性と過ごす時間を作るのは無理だから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

彼女がいなくても十分余暇を満喫していて、仲間もたくさんいるとなれば恋愛は「ま、いっか」と感じてしまうのかも。平日は仕事、土日は趣味という男性に、女性の入り込むスキはなさそうですね。

■勝負のときが近づいているとき

・「大学受験シーズン。勉強で手一杯」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「昇進試験のとき。今はそうではない」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

人生、ここが踏ん張り時という瞬間があります。そのようなときはその一点に集中したいために時間や意識をほかのことに向けたくないという人もいるでしょう。勝負に挑むのは紛れもない自分自身なので、恋愛に邪魔されたくないという気持ちもあるのかも。

■目的のために成し遂げるべきことがあるとき

・「起業のために貯蓄中」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「転職活動をしているとき」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

大きな目的を成し遂げるためには、何かを犠牲にしなければいけない場合もあります。この場合は目的を成し遂げた後なら、恋愛する余裕が出てくるかもしれません。自己実現するまでは恋愛はおあずけで構わないと思っているのでしょう。

男性に限らず、女性にも心当たりがある回答が多かったのではないでしょうか。気になる人が「恋愛どころじゃない」と言っているなら、猛アタックせずに静かに恋愛できる状況になるのを待ったほうが賢明かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]