お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「●●がうまい」「やる気を上げる」……男子に聞いた! アゲマン女子の特徴4つ

ファナティック

付き合うと運気が上昇するとされる「アゲマン女性」。アゲマン女性と付き合いたいと考える男性も多そうですね。とは言えアゲマン女性ってどんな女性? というわけで、社会人の男性にアゲマン女性の特徴を聞いてみました。

サポートがうまい

・「彼氏の邪魔にならないようなサポートをする女性。サポートするのはいいが、恩着せがましい感じになるとかえって鬱陶しくなるから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「男のメンツを潰さないように、かつ仕事に集中できるように精神面、健康面をサポートすると同時にうまく褒めて男を乗せてくれる女性」(31歳/電機/技術職)

まさに縁の下の力持ちの役割をいかんなく発揮することはアゲマンの条件でもあります。自分が全面に前に出るのではなく、内助の功としてサポート役に回ることが大切です。

聞き役としてのスキルが高い

・「家事を完ぺきにこなして仕事の愚痴を聞いてくれる」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「相手の話をよく聞き、ポジティブな女性」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

家事を完ぺきにこなして男性の愚痴を聞く……ちょっと女性に求めすぎやしない? と思ってしまいますが……。うまい聞き役に回るというのは人間関係をうまく築いていくためにも必要です。

男を育てられる

・「褒めるのが上手でやる気を上げてくれる」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「年収で男を選ばないで育てようとする人。今無職でも私が支えて立派な男にしてやるっという人のほうがアゲマンになりやすいから」(32歳/食品・飲料/技術職)

男性に幸せにしてもらおうと考える女性は多くいますが、アゲマンと言われる女性はその逆、自分が男性を幸せにしてやろうという高いモチベーションを持っています。愛する人の幸せのためを思って行動できる女性はアゲマンの素質があるでしょう。

たぶん女神のようなもの

・「付き合いだしてから人生の流れが変わって出世したり、いい出会いが急に起きたりする」(36歳/機械・精密機器/営業職

・「付き合っているとなぜか仕事がうまくいく」(29歳/医療・福祉/専門職)

アゲマンは、アゲマンになろうと思ってなれるものではありません。なんだかよくわからないけれど、付き合いだしてから人生がいい方向に向かっていると感じられる女性こそがアゲマンなのです。まさに女神と呼ぶにふさわしい幸運の持ち主なのでしょう。
その女性がアゲマンかサゲマンか、見た目で判断することはできません。アゲマン女性を目指すなら、好きという気持ちを一方的に押し付けるのではなく、相手を尊重し、2人でよりよい人生を送ろうという気持ちを持つことが大切です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年10月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE