お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

悪いイメージはこれで断ち切る! オタク女子の印象をよくする方法4選

神之れい

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

「オタク」というといいイメージを持たれないかもしれないですが、何かに詳しくて熱心なことは素敵ですよね。何事も言い方次第で印象は変わります。オタク趣味のある女子に、自分の趣味を相手からよく見られるようにする方法を聞きました。

話すときはメジャーな作品から

「無類の漫画オタクの私。まわりの人に趣味の話をするときは、まずはドラマ化している漫画の話からする。誰でも知っているようなメジャーな作品を話して相手の反応を見つつ、ちょっとずつマニアックな話をしていく。相手も少しずつ慣れてくるので、いつの間にかディープな話もおもしろがって聞いてくれる」(30歳/サービス)

知っている作品だと相手も話についていきやすいですよね。段階を踏むことが相手に受け入れてもらえるポイントのようです。

アニメオタクは子どもと仲よくなる

「アニメが好きなおかげで、子どもとはすぐに仲よくなれる。友だちの子どもにアニメの話をすれば喜んでくれて、初対面でも仲よくなれた。『子どもに好かれる=いい人』というイメージもあるようなので、そこでオタクへの偏見をなくすようにしている」(32歳/小売)

アニメに詳しいと、それがきっかけで子どもと仲よくなれそうですよね。子どもを持つ人がまわりに増えるアラサ―世代にとって、アニメオタクは重宝されるかも?

コスプレで美意識と女子力アップ

「私はコスプレをはじめてから、衣装を着こなすためにメイクもダイエットもがんばれて美意識が上がった。衣装を製作するから裁縫技術も上がったし、コスプレの意外なメリットをまわりに伝えて布教している(笑)」(29歳/金融)

コスプレイヤーでキレイな人もたくさん見かけますよね。見られているという意識はやはり人をキレイにさせるのかも。

乗り鉄は旅行計画が上手

「『乗り鉄』と呼ばれる、電車に乗るのがメインの鉄道オタクの私。『それって何が楽しいの?』と言われるけど、電車に乗れば旅行気分を味わえる。地名や名産物にも自然と詳しくなるので、旅行という面でメリットが大きい。友だちと旅行するときは積極的にプランを立てて、乗り鉄のいいところをアピールしている」(30歳/介護)

旅行のプランを立てるのは意外と難しいもの。充実したプランを立ててくれる乗り鉄の友人がいる旅行だと何倍も楽しくなりそうです。

「オタク」とひとくくりにされることも多いですが、いろいろな趣味があるもの。それぞれに意外なメリットがあるのですね。最近ではオタク趣味も認められてきているので、あまり偏見を持たれることも少ないかもしれませんが、いい面はどんどんアピールしていくとよさそうです。

※画像は本文と関係ありません

(神之れい+プレスラボ)

神之れい

アラサー喪女ライター。1984年生まれの神戸在住。ライターとは無関係の短大へ進学、一般企業でOL生活を経てライターに。恋愛コラムやエンタメ系ニュースサイトなどで執筆中。腐女子で豆腐メンタルの人見知り。ゆるく浅くいろいろなことに興味を持っています。
Twitterアカウント:@iberikobooboohttps://twitter.com/iberikobooboo

この著者の記事一覧 

SHARE