お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男性不信ニナッチャウヨ! 妻&彼女持ちの男性に言い寄られた経験談8

ファナティック

口説く男性は浮気する生き物だ、なんて昔からよく言いますが、実際に見にしみて体験した女性もいるのではないでしょうか。今回は、彼女持ちの男性から言い寄られた経験がある女性のみなさんにその時のエピソードを教えてもらいました!

■いまのオンナとは別れるから!

・「別れるから付き合って! と言われた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「離婚が成立したら付き合ってほしいと言われた。さすがにそれは無理ですと断った」(30歳/通信/事務系専門職)

・「結婚していても好きな人いてもいいよね? と面と向かって言われた。わかるよね。とも(キミのことだよ。と念をおされた)。笑顔で流したが、奥さんのほうも知っていたので、余計にイラッとした。職場は同じだったので、その後は必要以上に関わらないようにしました」(27歳/情報・IT/技術職)

浮気男の常套句ですね! 絶対に別れる気がなくても、こんなことを言う男性、少なくありません。こういう言葉を言われても、まず信じてはいけないのです。

■さらりとスルー

・「デートしようと誘ってきたが、天然を装い、気づかないふりをした」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「何回かデートに誘われたし、実際に二人きりで出かけたことがあるが、それとなく体の関係を求めるような雰囲気を漂わせてきたので、それ以降は自分から連絡をとらないようにした」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「デートしようと言われた。その後、着信拒否にした」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

既婚者、彼女持ちと相手が分かっていると知っていながら、あからさまな誘いをしてくる男性……付き合ったとしても、決して幸せにはしてくれないでしょう。

■ほだされて……

・「当時の彼女について相談を受けているうちに告白され、結局は付き合った」(23歳/不動産/事務系専門職)

・「最初はしぶっていたが、自分も好きだったから付き合った」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

好きになってしまったら仕方がありません。既婚者はアウトですが、まだ結婚前の男性に言い寄られたら、彼女と別れることを本気で期待して付き合ってしまう人も。

一部の男性って、「女性の気持ちをなんだと思っているの!?」という行動を平気でするものです。女性には理解しがたいその領域、無理に理解する必要はありません。生理的、倫理的にアウトな男性に迫られても、迷わず「ごめんなさい」をしてしまいましょう。幸せな生活を送るために、不幸を背負い込むかもしれない男は少しでも遠ざけるのが得策です!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数209件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]