お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子も女子と変わらないじゃん! 失恋後の男子の行動4選

ファナティック

失恋男子大切に思っている恋人との別れというのは、想像以上につらいものですよね。なかには食欲がなくて痩せてしまったり、眠れなくなってしまう人もいるほど……。一方的に別れを言われて、納得できない振られ方であればなおさらでしょう。さてそこで今回は、失恋して仕事が手につかなくなってしまったなど、失恋に関するエピソードを、男性のみなさんに聞いてみました。

仕事に集中

・「なにも手につかなかったが、必死で仕事した」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「とにかく猛烈に仕事をして恋のことを考えないようにした」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「忘れるために仕事ばかりしていました」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

とにかく休む暇もなく仕事をして、別れた彼女のことを考えないようにしていたという男性は、とても多くいらっしゃいました。男性は不器用なため、自分の傷ついた気持ちをどのようにすればいいかわからず、仕事に没頭することでごまかして乗り越えようとするのです。

ミスが増える

・「注意力が落ちて、小さなミスを連発した」(26歳/農林・水産/技術職)

・「ぼーっとしてたら上司に怒られた」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「入力ミスが増えてトリプルチェックするほど作業に時間がかかった」(32歳/商社・卸/営業職)

仕事に没頭する男性は多いですが、つい彼女のことを思い出してしまい、集中力がなくなったり、ミスを連発することもあるみたいですね。傷ついた気持ちはごまかせないといったところでしょうか。

落ち込む

・「モチベーションが上がらなかった」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「外に出たくもない気分だったので病気と称して休んだ」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「何も食べることができず、人と話すのが嫌になります。そのせいで、電話の声がくらくなり、社長に指摘されたりしました」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

男性の中には、失恋をしたらどっぷり落ち込むという方もいらっしゃるようです。気持ちのコントロールができず、何も手につかなくなってしまうほど落ち込んでしまうみたいですね。

その他

・「取りあえずハードロックを聞いてテンションを上げていた」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「別れた彼女から連絡があるのではないかと思って、仕事中に携帯を頻繁にチェックしてしまう」(28歳/情報・IT/技術職)

・「次の日に社外での研修だったが講義中1人で目が充血。鼻をすすっていた」(31歳/電機/技術職)

失恋をすると自分が想像していなかったほど落ち込んでしまい、どうやって乗り越えればいいかわからず、仕事も手につかなかった方は多かったようです。

男性だからといって、失恋をしても平気なわけではありません。傷つき、落ち込んでしまうのは女性と同じですよね。普段は人前では感情をあらわにしない男性も、このときばかりは仕事でミスを連発してしまったり、ぼーとしてしまったりするようですね。もし職場で、上記のような同僚男性をみかけたら、優しく声をかけてあげるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~34歳の社会人男性)

※この記事は2015年10月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE