お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

たぷたぷしてる!? 自分のバストの「触り心地」、何かにたとえるとしたら?

ファナティック

女性らしさの象徴ともいうべきパーツのひとつである「バスト」。そのサイズや形は女性にとって非常にさまざま。さらに、見た目だけでなく「触り心地」も大切。そこで今回は、女性のみなさんに自分のバストの触り心地をたとえるとしたら、どんなものになるのか教えてもらいました。

<自分のバストの「触り心地」をたとえると?>

■マシュマロ

・「マシュマロ。キメ細かくてやわらかいので」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「マシュマロ。ふわっとしている」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「固めのマシュマロ。リンパマッサージと砂糖断ちで前よりやわらかくなった気がする」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「溶けかけのマシュマロ。弾力がだんだん減ってきた……」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

ふわふわなイメージの強いマシュマロ。触ったら、つぶれてしまいそうなやわらかさですね。自分のバストをマシュマロにたとえた人は、「やわらかさ」「ふわふわ感」があることを理由として挙げる意見が目立ちました。ただ、同じマシュマロでも「少し固め」「溶けかけ」など、微妙にちがいがあるよう。

■水系

・「お祭りで金魚すくいをしたときにもらえる水の入った袋。なんとなくそんなイメージ」(28歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「大きな水風船。ハリが強いからそんなにやわらかくない」(28歳/機械・精密機器/その他)

・「水。なんか、たぷたぷしてる……」(29歳/その他/その他)

水分をたっぷりふくんだようなモチモチのバスト、ということなのでしょうか? ちょっとグラマスなハリのあるバストなのかもしれませんね。ボリュームのあるバストなら、あこがれちゃいます。

■おもち

・「おもち。モチモチしてる」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「つきたてのおもち。小さいので見た目もまさに丸もちみたい」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

触るとモチモチしていそうなバストの持ち主は「おもち」にたとえる人が多いよう。触り心地だけでなく、肌触りもよさそうです。見た目も「おもち」っぽいという回答も!

<まとめ>

女性たちのバストの質感、人によって異なりますが、やはりやわらかくて、ちょっと弾力があるくらいのハリがあるのが理想的なもの。やわらかすぎても将来垂れる心配がありますし、ハリがありすぎると、触り心地が少し微妙になってしまいがち。自分の理想のバストの触り心地を手に入れるべく、ぜひ日ごろのバストケアは欠かさずに!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数130件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]