お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

美容通3人が指摘! もしかしてそれ、流行遅れの残念メイクかも!?

伊藤康江

最新のファッションは、最新のメイクをしてこそ生きるのもの。颯爽と秋冬ファッションに身を包んでいても、ミスマッチなメイクをしていては元も子もありません! そこで、ビューティプロの3名が街で見かけたトレンドとはほど遠い時代遅れメイクにダメ出ししちゃいます。ちょっとしたポイントをマークして、グッと今っぽい顔に変身しましょう!

<写真左>
パツワルド敬子さん(美容編集・ライター、美容家、翻訳家)
出版社勤務を経て、フリーランスの編集・ライターとして多方面で活躍中。美容エージェンシー“beaus”に所属。女性誌や男性誌、美容webサイトでの連載を持つほか、留学経験を生かし、翻訳や通訳としても活躍。
<写真中央>
小野寺奈々さん(ヘアメイク)
ヘアサロン勤務を経て、昨年のはじめに独立。現在はフリーランスのヘアメイクとして活躍中。アパレルブランドのカタログやwebサイト、アーティストのPVやジャケ写などで、ヘアメイクを担当。
<写真右>
赤埴奈津子さん(元美容部員)
某コスメブランドの美容部員として勤務していた経験から、美容への意識と知識が豊富。現在はフードデザイナーの須賀いづみさんと一緒に“Good Morning Japan”を立ち上げ、不定期で朝ごはん専門のお料理教室を開催。

メイクもエフォートレスにシフト中!

パツワルドさん:みなさん、秋冬に向けてちゃんとメイクを変えていますか?

赤埴さん:私はシャドウとリップは、季節が変わるときに新作を購入するようにしています。春夏に比べて、秋冬は色のトーンを下げていくイメージです。

小野寺さん:カラーを変えるだけで、グッと秋冬仕様になりますよね。

パツワルドさん:質感も重要です。マットなのか、ツヤなのかで印象が変わります。最近のベースメイクは、ハイライトを効果的に使ったツヤ肌が主流ですね。

赤埴さん:薄づきファンデで、素肌っぽい感じですよね。逆に“塗ってます”っていうマットで厚塗り肌はNG。老けて見えそうですし。

デカ目や盛りメイクは、もはや死語!?

小野寺さん:ひと昔前、みんながこぞってしていたものといえば、アムロちゃんの細眉!

赤埴さん:懐かしい!

流行遅れの細眉


パツワルドさん:今は断然、平行太眉ブームなので、眉が細めだと時代を感じますね。

赤埴さん:あんなに流行っていたのに……。今は地眉を生かす流れで、眉下を少し描き足して、太めに仕上げるのがトレンドですよね。

小野寺さん:アイライナーの跳ね上げラインも古気がします。キュンと上向きに長く跳ね上げたラインが特徴のネコ目が流行ったけれど、正面から見て、目幅よりもアイラインが長いのはもうなし! 目のフレームに自然に沿わせるのが正解です。

もう古い、跳ね上げライン

赤埴さん:目のキワを強調させる極太ラインもなしですね。

パツワルドさん:ハロウィンやパーティなどのイベントのときならいいけれど。

赤埴さん:昔ほど、デカ目とか目ヂカラとか言わなくなった気がします。昔は、アイライナーもマスカラも漆黒ブラックを愛用していて、とにかくアイメイクを強調していたけれど、今はちょっと力が抜けた感じにしたくて、アイライナーもマスカラもブラウンに変えました。

小野寺さん:マスカラも、以前は“何度塗りするか?”が重要視されていて、ダマにならないように重ね塗りしたバッサバサなまつ毛がもてはやされていましたが、もう時代遅れ! 今はさらっと一度塗りで十分。

赤埴さん:マスカラといえば、ロング、ボリューム、カールが定番でしたね。どれだけ盛るかが勝負だった気がします。今はナチュラルに、ちょっと下がっているくらいが可愛い

パツワルドさん:長さも短めで、ボリュームもほどほどな感じが今っぽいですね。

小野寺さん:つけまつ毛も流行ったけれど、今はつけまも下火かな。アイメイク重視の盛りメイクから肌感重視のエフォートレスメイクに変わってきていると思います。

流行遅れのつけまやマスカラの重ね塗り

酔っぱらいチークは、色次第でギリセーフ!

パツワルドさん:チークはどうですか?

小野寺さん:今年の春夏から一大ブームを巻き起こした“酔っぱらいチーク”は、まだ少し引きずっている気がします。

赤埴さん:ギリギリセーフ?

小野寺さん:色を秋冬バージョンにトーンダウンさせれば、まだセーフかな。ブラウンが入ったような落ち着いたピンクやオレンジで、ガーリーではなく、あくまでクールに落とし込めば

赤埴さん:ボルドーや柿色っぽい色みですね。

小野寺さん:カラーレスメイクが流行っているので、“チークなし”という選択肢も、もちろんあり! それか、塗っているのかわからないくらいのベージュ系でモードに仕上げるのもありだと思います。

小野寺さん「酔っ払いチークは色を秋冬バージョンにトーンダウンさせれば、まだセーフかも」。

テカテカ唇、真っ赤リップはNG!

赤埴さん:リップは、去年はマット系が流行っていましたが……。

パツワルドさん:今年は去年より少しツヤ感がでてきたと思います。男子ウケはよくなったかも。といっても、グロスでテカテカな唇とはちがいますよ!

グロスでテカテカな唇はNG

小野寺さん:パッサパサのマットな唇でもなく、グロスでテカテカな唇でもない、ほどよく潤った感じが今っぽいです。

パツワルドさん:あと、オーバーリップも古いイメージですね。唇の輪郭があいまいで、唇オバケみたいなのはなし! 今は、コンシーラーでリップラインを一度消してから、ペンシルや筆でふちどり、きちんと描いたクールな口もとの方がトレンドですね。

もはや古いオーバーリップ


赤埴さん:青みピンクや真っ赤なリップもNG

NGな青みピンクのリップ

パツワルドさん:赤リップは、子どもがお化粧したみたいになりがちだし、ファッションやシーンを選ぶので、アラサー女子のデイリーメイクには向いていないですね。

流行遅れの赤リップ


赤埴さん:そうですね。赤を選ぶなら、ボルドーの方が大人っぽくてシックでおすすめ。深みのある色やくすんだ色が気分です。

デコネイルや明るすぎる髪色はもう卒業!

小野寺さん:ネイルでは暗めの寒色系が流行ってますよ。スモーキーなグリーンやネイビー、グレーなど。

赤埴さん:短爪で単色塗り、しかもセルフポリッシュ派が増加傾向にあると思います。デコネイルは古いし、若い気が……(笑)。

古くて若すぎるデコネイル


小野寺さん:ヘアカラーも寒色系が人気です。外国人風に仕上がるはず。明るすぎるカラーは今っぽくないですね。

赤埴さん:明後日、髪色をトーンダウンしたいなと思っていて、カラーチェンジしに行ってきます。アッシュ系やオリーブ系を入れて、透明感のある黒よりのダークブラウンにオーダー予定です。

パツワルドさん:少し濡れたような束感のあるウェットヘアも流行ってますね。

赤埴さん:エッジーな雰囲気でカッコイイですよね。オフェロメイクには似合いそう。

小野寺さん:しっかりした毛質の人にはおすすめですが、残念ながら、私のような柔らかいネコっ毛の人には向いていません。ペタンとしすぎちゃって、沼から上がってきたみたいになっちゃう(笑)。

赤埴さん:古いヘアメイクもイヤだけど、トレンドを追いすぎて、似合っていないヘアメイクをするのもカッコ悪いってことですね。

●古い! と言われちゃうNGメイク

・マットな厚塗りファンデ
・細眉
・跳ね上げアイライン
・盛りすぎマスカラ
・マットorテカテカな唇
・青みピンク&真っ赤なリップ
・オーバーリップ
・デコネイル

●脱・時代遅れメイクの解決法

・細眉→平行太眉
・跳ね上げアイライン→目のフレームに沿った自然なアイライン
・盛りすぎマスカラ→さらっと一度塗り
・オーバーリップ→筆もしくはペンシルで輪郭をしっかり取る。
・真っ赤なリップ→ボルドーリップ

年中同じメイクしてませんか? その質問に、ドキッとした人は“時代遅れメイク”の可能性大! ファッションのトレンドと同様、メイクにもトレンドがあります。いつまでも同じコスメで同じメイク法だと、時が止まったままの顔に……。シーズンごとに新色を買い足して、旬顔にシフトチェンジしましょう。

(伊藤康江)

 

お役立ち情報[PR]