お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いいと思っていたけど、一気に興ざめ! 気になる男性から送られてきた残念スタンプ4つ

ファナティック

初対面でとても好印象だったのに、いざメッセージをやりとりするようになったら幻滅してしまったという経験はありませんか? 今回は、気になる男性から送られてきた恋も冷めそうな残念スタンプについて、社会人の女性に聞いてみました。

実はオタクだったのね……

・「マニアックなアニメキャラ。オタクなのかなって思うので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「萌えアニメっぽいスタンプを送ってきたとき。ちょっとイメージと違っていたので残念だった」(24歳/食品・飲料/専門職)

近頃のオタクは進歩していて、外見ではオタクだとわからないことも多々あるようです。見た目は素敵なのにオタクだったとは……。思いがけない意外性に残念だと感じる女性も多いよう。

ウケ狙いのはずが失敗です

・「ウケ狙いのような気持ち悪いスタンプ。面白くもなかった」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「何だか良く分からないウケ狙いのスタンプ。あんまり可愛くも無く、キモい感じのでイマイチだった」(32歳/不動産/専門職)

かわいいスタンプだったらまだしも、気持ち悪いスタンプではおもしろいと感じることすらありません。一体どこから入手したんだろうと不思議に思ってしまいます。

無料スタンプを多用

・「無料スタンプを連続で送ってきた」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「無料の変なスタンプ。ダサいスタンプ」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

無料のスタンプがすべて悪いと言っているわけではありません。ですが中には無料のスタンプのみでコミュニケーションを完成させようという強者もいます。その結果、伝えようとしている内容がわからないまま終わってしまうことも。

重量感たっぷり

・「熱いメッセージスタンプ。重いと思った」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

LINEは軽いやりとりが楽しいツールなのに、あえてずっしりと思いメッセージ性の強いスタンプを送ってこらえると、こちらも重い返答をしなければいけないのかと構えてしまいますね。

中には、スタンプを使う人は嫌いという意見も。スタンプはその人のセンスが問われるので、初対面で好印象だった男性の内面を知りたいのなら、LINEのIDを交換して内容を確認してみるのもいいかもしれませんね。意外な一面が見られるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数94件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE