お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

身支度の時間を短縮するための「時短テク」5選

ファナティック

朝の時間はバタバタしがち。余裕を持って起きられれば、ゆったり準備もできていいのですが、つい「ギリギリまで寝たい!」と思ってしまいますよね。そこで今回は、朝の身支度の時間を短縮する「時短テク」について教えてもらいました。

前日の準備がカギ

・「なるべく前日の夜までに支度を済ませておく。特に洋服などは朝、選んでいる時間がもったいない」(24歳/食品・飲料/専門職)

特に優柔不断な女性に、オススメの時短テクがこちらです。時間に余裕のある夜なら、コーデもじっくり考えられるはず!

日ごろの心構えも大事

・「手の届く範囲に身支度に使う品をあらかじめすべてそろえておく。あちこち行き来する必要がないので時短になる」(28歳/機械・精密機器/技術職)

「朝の身支度セット」として、ひとつのケースにまとめておけば、忘れ物もグッと減るはず!

メイクで時短!

・「オールインワンのアイテムを使う」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

女子にとって、朝の身支度で時間がかかるものといえば、やっぱりメイク。スキンケアからベースメイクまで1本でできるオールインワンのアイテムをうまく活用したいもの。

ながら行動

・「シャワーを浴びながら歯みがき」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「歯みがきをしながらながら運動。朝、軽く運動もしたいけどなかなか時間がないので歯みがきタイムに実践」(32歳/その他/クリエイティブ職)

○○しながら……という意見も目立ちました。中でも多かったのが「歯みがきをしながら」という意見です。あなたなら、どんな行動を組み合わせますか?

洋服を○○!

・「シャツをインするコーデのときは、ボタンを最後までとめない。ボトムスにしまってしまえば変わらないから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「次の日の服を着て寝る。ブラウスとか」(32歳/建設・土木/技術職)

ボタンをする時間すら惜しい! という意見も。また、起きた瞬間に着替えが完了する、「前日に着る」作戦をする強者も!

もちろん、余裕をもって朝の支度ができるのがベスト! とはいえ、「もう、どうしようもない!」というときには、ぜひ上記の意見を参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数154件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年09月21日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE