お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

白馬の王子様は存在する!? 2番目に好きな人と結婚したほうが幸せか、徹底調査!

ファナティック

昔から、映画やドラマ、小説などのフィクションに限らず、現実でも「2番目に好きな人と結婚したほうが幸せになれる」と言われていますよね。しかし、実際にこの言葉って正しいのでしょうか? そこで今回は、世の女性たちにこんな質問をしてみました。

Q.あなたは、2番目に好きな人と結婚したほうが幸せになれると思いますか?

「思う」……21.9%
「思わない」……78.1%

約5人に1人の女性が「2番目に好きな人と結婚したほうが幸せ」と答えています。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「思う」派の意見:好きすぎないほうがうまくいく>

「好き」が強すぎると疲れる

・「相手を好きすぎると疲れてしまうから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「一番大好きな人だと、自分を好きでいてほしくて、ずっとがんばって疲れてしまいそうだから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「自分ばかりが相手のことを好きだと、うまくいかなさそうなので」(27歳/その他/その他)

一番に愛している人と結婚したら、まちがいなく、その人に尽くそうと必死になるはず。そのことが悪いわけではありませんが、そんな状態がずっと続いたら、疲れてしまうのは目に見えていますよね。

愛するよりも愛されたい

・「愛してくれる人と結婚したほうが幸せ」(32歳/農林・水産/営業職)

・「女性は愛するより、愛されるほうが幸せになると思います」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分が好きな人よりも、愛されて結婚したほうが幸せです」(31歳/その他/その他)

人には、「愛する」ことに向いているタイプと、「愛される」ことに向いているタイプ、2つのタイプがいます。後者の人は、一番好きな相手と結婚するよりも、自分のことを一番愛してくれている人と結婚するほうが幸せになれるかもしれませんね。

では次に、多くの人が支持した「幸せになれるとは思わない」という選択肢を選んだ理由を見てみましょう。

<「思わない」派の意見:一番好きな人のほうがいいに決まってる!>

妥協はイヤ!!

・「本当に大好きな人と本気で恋愛したほうがいい。あらゆる場面で妥協する癖がつく」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「一番と結婚しないといつか後悔しそう」(24歳/農林・水産/その他)

・「やっぱり一番目の人じゃないと、その人が忘れられないんじゃないかと思ってしまう」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

一番好きな人を振り向かすことができず、その次に好きになった人と結婚。それが悪いわけではありませんが、「この人でいいか……」という気持ちで選べば、いつか後悔するかもしれません。

好きだからこそがんばれる!!

・「一番目に好きな人を捕まえられた、その事実だけで一生がんばっていける気がするから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「一番好きな人のほうが幸せでしょう」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「嫌なことがあっても我慢できなそうだから。一番な人ならまだ我慢できるから」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

好きな人のためにならば、多少つらいことがあってもがんばれる。それもまた真理でしょう。多少でも気に入らない部分のある相手のために、心の底からがんばるのは、ちょっと難しいかもしれません。

2番目に好きな人と結婚するメリットとデメリット、双方ともに納得できるものだったと思います。一番好きな人と結婚したからといって、必ずしも幸せになれるかといえば、そうではありませんしね。もし、自分がこんな究極の選択を迫られたら、あなたはどちらを選びますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数187件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE