お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が思う、共学出身と女子校出身の女性のもっともちがうところ3

ファナティック

「女の園」こと、「女子校」。その空間にはもちろん、男子生徒はおらず、女性だけで数年間を過ごす場所です。同世代の男性が普段の環境にいないことは、女性にとって大きな変化をもたらします。そこで今回は、世の男性たちに、共学出身と女子校出身の女性のちがいについて教えてもらいました。

男慣れしているかしていないか!

・「男子の扱いに慣れているか。環境がちがうから」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「男慣れしてるかいないか。女子校出身だと会話にためらいを感じるときがある」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「男性への免疫。共学だと同年代の異性にも強制的に接することになるので」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「男への接し方。女子校の人は、なんとなくおびえている感じがするから」(24歳/その他/営業職)

共学と女子校のもっとも大きなちがいは、同世代の男子がいるかいないか。その一点です。男性が普段からまわりにいる環境であれば、男慣れしますが、そうじゃないとなかなか難しいですよね。

恋愛観のちがい

・「男に対して現実的かどうか。女子校だとまわりに男がいないので、理想ばかり追いかけてるイメージがあるから」(35歳/情報・IT/技術職)

・「恋愛経験。女子校出身者は、異性と出会う機会があまりなさそうではある」(28歳/情報・IT/技術職)

・「恋愛に対しての積極性。身近にいるかいないかで変わると思うため」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「恋愛にうとそう。男子がいないから」(28歳/自動車関連/技術職)

まわりに男性がいるのが当たり前の環境であれば、出会いのチャンスは比較的多いはず。さらに、男性に対し、変な理想は抱かずに、現実的な恋愛ができるかもしれません。逆に、女子校で普段、男性に触れていないと、「こんな人に出会いたい!」という理想ばかりが膨らんでしまいそうですね。

女子ばっかりだから……

・「男らしい部分があるかないか。意外と男らしい女子校出身者を知っているから」(39歳/情報・IT/技術職)

・「雑になっている。女子しかいないから気にしない」(28歳/金融・証券/営業職)

・「恥じらいの有無。異性の目がないと油断しそうだから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

男性の目があると、それを意識して「女性らしさ」を意識した行動を取る人がきっと多いと思いますが、逆に男性の目がないと、女性らしさを意識しないため、ガサツになってしまう人も……そして、それを男性に見られてしまい、幻滅されてしまうのです。

思春期に男性のいない女子校で育つと、共学に通っている女性とは、ちょっと異質な部分が生まれてしまうのは当然のこと。男性の目があるということは、女性らしさを意識する最大のポイントです。もし、女子校出身で、「私、共学の子と何かがちがうぞ?」と思う節がある人はぜひ、自分の行動を振り返り、共学出身の女性をまねた方がいい部分があれば、ぜひ取り入れてみてください!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数88件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE