お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「われ先に」はNG! 男性が“オバサン認定”する女性の言動3つ

ファナティック

年齢がわからなくても言動を見て「オバサンっぽいな」と感じてしまう人っていますよね。年齢よりもオバサンっぽさを感じさせてしまうのはどのような言動なのでしょうか。今回は、男性たちが思わずオバサン認定したくなる女性たちの言動について聞いてみました。

■人を押しのけて「われ先に」

・「スーパーで値引き品にわれ先にと飛びつく姿」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「タイムセールで商品を奪い合う姿。周囲が見えてなくて、厚かましいと思う」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「電車の扉があいた瞬間に待たずに突っ込んでくる」(31歳/電機/技術職)

スーパーのタイムセール、バーゲン、電車の乗り降りなど人を押しのけてでもわれ先にと行動する女性を見て、「オバサンだな」と感じる男性が多いようです。必死なのはわかるけれど、まわりの状況をまったく気にしない厚かましさは、オバサン認定されてしまうので要注意!

■すぐに「疲れた」と言う

・「椅子に座るときに『ふーっ』と言っている人。年寄りくさく見えるから」(27歳/情報・IT/技術職)

・「外出をめんどうだと言い出す。元気がないのを見ると、オバサンだなと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「歩くのが遅い。疲れやすい」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

椅子に座るとき「どっこいしょ」とか「ふーっ」と声に出したりしていませんか? もし、まわりにいる人に聞かれたら、それだけでオバサンだと思われてしまいます。外出するのをめんどうくさがったり、歩いていてもひとりだけ遅れていくような人も、「元気がないな」という印象に。

■話し声や笑い声が大きい

・「声がいつでも大きいこと。オバサンはいつでもなぜか大きい声で喋るような気がするから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「大口をあけて大声で笑うとき。大声で笑うのはオバサンくらいだから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「手をたたきながら笑う。豪快すぎて引いてしまうから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

男性の中では大声で話したり笑ったりする女性は、「オバサン」という認識があるようです。そのほか、笑うときに手を叩きながら笑うというのも、オバサンっぽさを感じさせる言動なのだとか。リアクションが大きくなると女性らしさがなくなってしまうのかもしれません……。

オバサンと呼ばれる年齢は誰もがいつかは迎えるものですが、男性たちは実際の年齢よりも言動を見て判断しているところが大きいよう。「オバサン」と言われないようにするためには、常にまわりをよく見て、自分だけがよければいいという行動を慎むことが大事です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数122件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]