お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

裏切り知らず! 働く女性が好きな映画化された少女マンガ作品ランキング!「2位:花より男子」

ファナティック

大人になるとマンガを読まなくなる人も多いですが、映画化をきっかけに懐かしさを感じて、昔読んでいたマンガを引っ張り出してきた、なんていう経験はありませんか? 実際にはあり得ない設定でも、なんとなくあこがれてしまう少女マンガの世界。そんな世界が映画化されるのって楽しみでもあり、夢を壊されそうでもあり……。今回は働く女性たちに、映画化された少女マンガの中で、何が好きか聞いてみました。

Q.好きな映画化された少女マンガ作品は?

第1位 「のだめカンタービレ」……27.1%
第2位 「花より男子」……17.0%
第3位 「NANA」……11.7%%
第4位 「君に届け」……5.8%
第5位 「図書館戦争」……5.3%
※6位以下省略

第1位は映画音楽の評価も高かった「のだめカンタービレ」。では、ほかの作品も合わせてどうして好きなのか理由を聞いてみましょう。

■第1位「のだめカンタービレ」
・「玉木宏の千秋様が合いすぎていてカッコ良かったし、クラシック音楽も好きなので楽しめたから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「マンガでは表現できない『音』を上手く表現できていたと思う」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「キャストがみんなハマり役でおもしろかった」(33歳/医療・福祉/専門職)

ドラマもその続編として制作された映画も大好評だった「のだめカンタービレ」。マンガを読んでいたときには想像でしかなかった音楽が、実際に聞けたことで想像力を一層かきたてられたという人もいそうですね。野田恵役の上野樹里さん、千秋真一役の玉木宏さんなどのキャストも違和感なくハマっていたので、原作ファンからも評価が高い作品ですね。

■「第2位「花より男子」
・「おもしろかったし、F4の配役が良かった」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「マンガを全巻持っているくらい好きだから」(32歳/金融・証券/営業職)
・「けっこうめちゃくちゃなストーリーだけど胸キュンする」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

2度にわたって映画化されただけでなく、海外でもドラマが制作されるなど、世界中で人気の高い「花より男子」。松本潤さん演じる道明寺を始めとしたF4のメンバー、つくし役の井上真央さんなど原作を読んでいた人からも受け入れられる配役、ハチャメチャなストーリーなのにキュンとさせられる少女マンガの王道の展開が、人気の理由でしょうか。

■第3位「NANA」
・「マンガは読まないけど、NANAの映画を見て宮崎あおいちゃんがしていたNANAがかわいくて読んでみたくなって読んだ」(28歳/機械・精密機器/その他)
・「現実化されても違和感がないから」(32歳/学校・教育関連/営業職)
・「中島美嘉がマンガ通りだった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女性もあこがれるカッコいい女性のナナを中島美嘉さん、かわいいタイプの奈々を宮崎あおいさんが演じた映画版の「NANA」。実写化されても違和感を感じなかった、映画を先に見てマンガを読みたくなったという女性も多いようです。パート2では奈々が宮崎あおいさんから市川由衣さんに変わりましたが、どちらが好きかというのも別れそうですね。

マンガが映画化されると原作を読んでいた人の中には「イメージとちがってガッカリ」という人もいそうですが、今回映画化されたマンガで好きな作品として上がったものは、どれも配役がハマっていておもしろかったという意見が多いようです。原作のマンガが好きであればあるほど、映画化されてイメージがちがうとマンガ自体への思い入れもなくなってしまいそう。逆にキャスティングがぴったりだと、マンガを読んでいたころの思い出も自然に甦ってきそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数188件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]