お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どこに問題がある? 男性が思う「セカンド女性」の特徴4つ

ファナティック

見た目もかわいいし、性格も悪くない、それなのになぜかいつも本命彼女になれず、セカンドのポジションになってしまう女性、まわりにいませんか? 彼女たちの何がその悲しい立ち位置にしてしまっているのか、社会人の男性に聞いてみました。

■断れない女性

・「何にでもうなずいてしまう。断れない性格だから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「男の要求になんでも答えてしまう女性。2番目でもいいと思ってしまうから、そういう扱いをされると思うので」(35歳/情報・IT/技術職)

自分はセカンドでは絶対に嫌! という強い意志がないと、合意の上のセカンドになってしまう場合も。恋愛に限ったことではなく、生きていく上では断ることも大切なスキルです。何でも受け入れてしまう女性は、まずは断る力を身に付けましょう。

■尽くしすぎる女性

・「やけに連絡がマメなタイプ。いつでも接触できるという安心感から、逆に軽く見てしまう可能性がある」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「とにかく尽くしまくる。余計なおせっかい」(33歳/機械・精密機器/技術職)

男性に対して尽くすことは、うまくいけば結婚対象、うまくいかなければセカンドになるという、さじ加減が難しい駆け引きでもあります。もともと人に尽くすのが好きな女性は、相手が悪ければセカンドになってしまう可能性があるので注意が必要かも。

■軽い女性

・「恋愛に対して軽い。すぐに相手してくれそうだから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「顔がかっこよければ誰にでもついていきそうな人」(32歳/小売店/事務系専門職)

賢くて一途な女性には男性もセカンドのポジションを望みません。その都度軽く楽しめる女性こそがセカンドになりがち。不用心に男性についていくような開放的な一面があると、セカンド対象として狙われやすいですよ。

■都合のいい女性

・「呼んだらいつでも来てくれる女性」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「いつでも会える。自由でいい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

惚れた弱みかもしれませんが、常に男性の都合に自分を合わせる女性もセカンド対象になるようです。約束や決まりが存在しない関係性ほど楽なものはありません。ですがそこに将来が見えることはないでしょう。

セカンドでも、お互い合意の上でその関係を楽しんでいるなら問題ありませんが、女性側がセカンドであることに気付いていない場合は大問題。本気になればなるほど、セカンドだったという事実を知ったときのショックは大きいもの。幸せな恋愛をするためには、自分の価値を自分で守ることが大切ですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]