お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

私はコレではじめました! 女子がボランティア活動に参加した4つのキッカケ

ファナティック

みなさん、ボランティア活動をどう思いますか? ボランティア活動に興味はあっても、いまいち腰の上がらなかった女子はけっこういそうですよね。でも、実際に経験している女子も多いのです。彼女たちが参加したキッカケとは?

■学生時代に参加

・「高校のときに、夏休みの宿題で1回ボランティアに行くのがあったので」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「高校時代生徒会に所属。行事で24時間テレビの募金活動に参加した」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「顧問の先生と仲がよかったので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

社会活動の一環として取り組んだんでしょうね。学生時代に体験しておくといい経験になりそうで、おすすめされる機会もあったのではないでしょうか。

■自分でしたいと思った

・「ニュースで震災の被害を見て、何か助けになりたいと思ったから」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「何か自分にできることをやってみたいと思った」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「図書館が好きで、同じように子どもに図書館を好きになってほしかったから」(28歳/食品・飲料/技術職)

義憤や思いやりの気持ちは誰にでもあります。それがボランティア活動に結びつくのは大変美しいキッカケですね。これからもがんばってほしいです。

■気楽そうだったから

・「重労働ではないから。気分転換に。友人と一緒にできるから」(30歳/通信/クリエイティブ職)

・「チラシを見て楽しそうだと思ったので」(32歳/建設・土木/技術職)

・「血液からしか作れない薬もあるしカンタンに社会貢献できるので」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

活動内容によっては重労働もありますが、たとえば献血であれば静かにしているだけでOKです。カンタンに取り組める活動が多いことも周知されるべきでしょうね。

■身近な人の紹介で

・「友人の誘いに共感したので」(23歳/その他/事務系専門職)

・「別のボランティアからの紹介」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「大学のサークル活動で」(32歳/その他/その他)

身近な人ほど自分と共通点があるはずですし、あまり難しい内容は頼まれなさそうですよね。それをキッカケとして大きな活動をする人もいるかもしれませんね。

女子がボランティア活動に参加したキッカケにはこのようなものがあるんですね。現状を見て心を動かされたり、友人の誘いに乗ってあげることが社会貢献につながります。みなさんも検討してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数132件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE