お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うわっ、飲食店でGを発見! 店員さんに報告したときに期待すること3選!

ファナティック

衛生的でなくてはならない飲食店でも、どうしてもお店の構造上、また、扱っているもののおかげで、Gは寄せ付けられやすい空間になってしまっています。そのため、食事中に奴らと遭遇する人も少なくありません。そんなGに遭遇してしまった瞬間、世の女性たちはお店側にどんな対応を求めるものなのでしょうか?

■何はともあれ身の安全を……!
・「まず、席を変えてもらってスマートに退治してほしい。気分を害するので料金も割り引いてほしい。Gはやっつけようとすると飛ぶことがあるのでスマートにやっつけてほしい」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「どこか別の場所に非難させる。安全確保」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「席を移動させてもらう。Gの近くにいたくないから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

まずは安全第一。Gが現れた場所から速やかに退避し、店員さんたちがGを始末する雄姿を遠くから見守りましょう。

■慌てず騒がず駆除
・「騒がしくならないように、速やかに追いやってほしい。騒がしくなるのは嫌だし、殺虫剤や叩き殺すのも、飲食店ではやめてほしいから」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「素早く退治してほしい。苦手なので、逃げていなくなる前に一刻も早く息の根を止めてほしいから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「スムーズに退治もしくは退避させてくれる。あまり具体的に殺している現場を見たくはないから。その場で潰されたりすると以後の食事がしにくいから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「殺虫剤をつかわず、潰さず、なにか箱のようなものに追い込んで処分。食べるところなので、あまり見た目的に良くない処理はしないでほしいから」(30歳/通信/事務系専門職)

あまり大事になるとお店の中全体がパニックになってしまいます。Gを穏便に速やかに駆除してもらい、早く落ち着いて食事を再開したいものですよね。

■不快になった分のサービスを
・「ちゃんと撃退して、お詫びの品を渡してほしい。気分が悪くなるのでお詫びをするのは当たり前と思うから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「退治した後に、飲食代無料か料理のサービス。お金出して食べに行ってるのに、不愉快な思いをしてるので、謝るだけじゃ許せないから」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「誠心誠意の謝罪と割引。不快な思いをしたので、謝罪と割引は必須だと思うから」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「速やかに撃退して、その後ちょっとしたサービスがほしい。撃退するのは当然で、嫌な思いをしたので何かプラスのことがあればなと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

Gを見かけても、気分を害さないという人はなかなかいません。不快にさせられた分は、きちんとサービスという形で謝罪してもらいたいと思うのは当然のことです。

Gが出てしまうのはある程度、致し方ないこと。しかし、だからと言って、誠意のない対応をされたら、不快ばかり募ってしまいます。お店には、こちらの気持ちを考えてきちんと対応してもらいたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数201件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE