お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

その服装、ありえない! 男性が思う「勘違い女子」のおしゃれ4つ

ファナティック

個性がありすぎてどう見てもダサいのに、「私、おしゃれでしょ?」とアピールしてくる勘違い女子。TPOをわきまえない残念すぎるファッションには男性陣もガッカリしてしまいますね。今回は、時間と場所をわきまえない「勘違い女子」のおしゃれについて、男性のみなさんに聞いてみました。

露出しすぎ!

・「高級フレンチに行くのに肩を出した服を着てくる女性」(32歳/電機/技術職)

・「仕事場でミニスカート。やりすぎ」(33歳/金融・証券/専門職)

・「オフィスにミニスカート。目のやり場に困るから」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

どこに行ってもとりあえず露出した服。フォーマルな場で肌が見えすぎると、逆にはしたなく見えてしまい、まわりの印象はよくありません。男性陣も目のやり場に困ってしまいます。

いつも同じ服

・「いつも同じ格好。似合うと思い込んでいる」(30歳/農林・水産/技術職)

・「どんな場面でも同じようなファッションの人」(38歳/通信/技術職)

自分で気に入っているのか、いつでもどこでも同じ服。着るものを選ぶ際には迷わなくていいかもしれませんが、TPOをわきまえないファッションセンスには、まわりもガッカリしてしまいます。

場をわきまえないヒールって……

・「バーベキューでのヒール、動きにくいから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「バーベキューにハイヒール。気張りすぎだと思う」(31歳/金融・証券/専門職)

バーベキューなどのイベントでは、女子らしさをアピールする絶好の機会。とはいっても、ヒールはさすがにやりすぎの声。気合いを入れたつもりが「勘違い女子!」と思われてしまうことも。

ジーンズはカジュアルすぎる

・「ジーンズのカジュアルスタイル。カジュアルすぎる」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「会社なのにジーンズで来るのは礼儀に叶わない」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

いくら自由な社風だとはいえ、仕事の場にジーンズはカジュアルすぎるとの声も。フォーマルとカジュアル、境界線があいまいで難しいですが、ジーンズは不評だと思っておくといいかも。

自分のおしゃれ道を突き進むのは悪いことではありませんが、場所をまちがえるとそれは立派なマナー違反に。TPOをわきまえた大人の対応ができる人こそ、真のおしゃれ女子です!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年6月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE