お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

占い師にズバリ的中された未来! 「大金が舞い込むわよ」「彼に遊ばれてるのは、あなたのほうよ」

ファナティック

占い女性にとって、つい興味をひかれてしまうのが「占い」。雑誌の占いコーナーをチェックしたり、朝の情報番組のプチ占いを気にしたり……。また、何か迷いを抱えているときには、「もっと本格的に占ってほしい!」と思った経験がある方も、多いのではないでしょうか。そんな「占い」について、女性たちの意識調査を行ってみました。

Q.占い師、または占いのできる方に、占ってもらったことはありますか?

「ある」……25.2%
「ない」……74.8%

占ってもらった経験が「ある」と答えた25.2%の女性の方に、「相談してよかった!」「的中してビックリ!」と思ったエピソードを教えていただきました。

ズバリ的中!

・「大金を手に入れることができると言われて、TOTOを的中させたことがあった」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

・「20歳くらいの頃に、33、34歳でかなり年上の男性と結婚すると言われた。実際に33歳で8歳年上の人と結婚した」(33歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「産まれてくる子どもの性別が当たった」(30歳/医療・福祉/専門職)

せっかくお金を出して占ってもらうなら、的中させてほしい! と思うもの。産まれてくる子どもの性別については……50%の確率で当たるので、まぐれ? ということもあるかもしれませんが、お金の流れや結婚時期についてズバッと当てられると「あの人、ホンモノだ!」と思ってしまうかも。

決断のとき

・「あなたの彼氏には別に彼女がいる、あなたのほうこそが浮気相手の立場だ、と言われました。実際に的中していたので、占い師の方にズバリ言ってもらえてよかったです」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「タロット占いで結婚を的中。別れようか迷っていたときだけど、もう少しだけがんばってみる勇気がもらえた」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

占いの結果をもとに大きな決断を下す女性も少なくありません。正直、「聞きたくなかった!」と思ってしまうような内容を告げられることもあるので、占ってもらうなら、そこのところの覚悟が必要ですね……。

気持ちが楽になった!

・「恋愛で悩んでいたことがアドバイスしてもらって、気持ちが軽くなった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「当たるかどうかは気にならなかったけど、話したことで気が楽になった」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

恋のこと、仕事のこと、人間関係のこと……。あなたには、自分の気持ちを包み隠さず、すべてを打ち明けられる人はいますか? 占い師に悩みを話すだけでもスッキリして、未来に光がさすこともあるかもしれませんね。

当たっている? ……のかな?

・「あなたは殺しても死なないと言われて複雑だった」(31歳/学校・教育関連/技術職)

!(笑) 当たっていてもいなくても、なんだか複雑な気持ちになってしまいます。それって、もちろん「褒め言葉」……ですよね!?

一生、心にとめておきたいあの言葉

・「1のつく年齢に何か大きなことがあると言われた。今年31歳。結婚します」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

占いが的中したのか、それとも偶然の結果だったのか……。本当のところはわかりません。ただ、これからの人生「1」がつく年齢を迎えるたび、ワクワクした気持ちで過ごせるのではないでしょうか。

占ってもらった結果とどう向き合うのかは、人それぞれ。前向きに解釈することでポジティブなパワーを手に入れられそうです。悩みを抱えたときには、「相談相手の一人」くらいの軽い気持ちで、占いを頼ってみるのもアリなのでは?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数206件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE