お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「北京京劇院」とのコラボ商品! 「京劇フェイスパック」7月10日発売

京劇 フェイスパック

一心堂本舗は、これまで累計約101万個を売り上げているデザインフェイスパックシリーズの第10弾商品として、中国政府公認の「重点京劇院団」である北京京劇院とコラボした「京劇 フェイスパック」2種(「関羽&楊貴妃」「孫悟空&項羽」)を2015年7月10日に日中同時発売する。同商品は同社の中国EC進出後、初の新商品となる。

【城田優が“ラスカル?のフェイスパック姿を披露。「シュールだがエロい」と反響。】

同社が展開する同シリーズは、「日本を代表する顔」を世界に紹介するブランドというコンセプトで、これまで「歌舞伎フェイスパック」「上野動物園 動物フェイスパック」「劇団四季キャッツフェイスパック」「山本寛斎 ファッションフェイスパック」、「ジョジョの奇妙な冒険フェイスパック」、「KISS フェイスパック」など、さまざまなジャンルとコラボした商品を発売してきた。

「京劇 フェイスパック」は、中国の伝統演劇である京劇の隈取をモチーフにして、中国政府の重点京劇院団に認定されている「北京京劇院」の協力・監修の元、商品化を実現した。

歌舞伎の隈取と同じように京劇にも役柄に合わせた臉譜(れんぷ)と呼ばれる隈取がある。京劇には数々の演目と役柄があるが、今回は商品化にあたり4つの人気演目と役柄を選定。三国志からは英雄「関羽」、貴妃酔酒からは絶世の美女「楊貴妃」、西遊記からは天下無敵の「孫悟空」、覇王別姫からは悲運の武将「項羽」の顔をフェイスパックのデザインに採用した。

シートを浸している美容液には、ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミンC誘導体の3つの美容成分を配合。肌に潤いとハリ・ツヤを与える。パックで美しくなりながら、京劇俳優にも変身できるユニークな商品である。

京劇は18世紀末の清王朝の時代の北京で誕生し、中国各地に古くから伝わる地方劇や歌舞音曲を集大成した総合芸術である。庶民だけでなく皇帝までもが夢中になり、京劇役者がまとう煌びやかな衣装や化粧は、その美しさから「動く美術館」と称されている。

同商品の価格は、各900円(税込)/2枚入り。

(エボル)

SHARE