お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

これだけは覚えておきたい! 女性が知らない人に尾行されていると感じる場合に使える3つの対処法

ファナティック

日本は安全な国だと言われますが、ストーカーや痴漢など女性が被害にあう犯罪は決して少なくはありません。特に、夜道を1人で歩いて帰るなんていうときには、どんなに注意をしてもやりすぎということはないはず。今回は、あまり経験したくありませんが「尾行されている」と感じたときに使える対応策について聞いてみました。

■電話で話している振り

・「携帯で話しながら歩くと見せかけて、人通りの多いところにもどる」(23歳/農林・水産/営業職)

・「電話してるふりをする。『もうすぐ着きそうやけど、ここまで出て来られる?』など」(26歳/その他/その他)

・「電話で話しているふりをする、背後を警戒していることをアピールする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

なんとなく後ろにいる人の行動がおかしいなと思ったら、取りあえず電話を取り出して誰かと話しているふりをするのが一番という女性は多いようです。実際に電話を掛ける相手がいなかったとしても「もうすぐ帰るね」とか「今、◯◯にいる」など自分の居場所を知っていう人がいると背後の人物にわからせることが大事ですよね。

■コンビニで時間をつぶす

・「コンビニに入ってやり過ごす。交番のある道を通る。防犯ブザーを取り出す」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「いつもとはちがう道を通る、コンビニで時間をつぶしてからまたちがう店へ行く、とにかく人の多いところで時間をつぶしてから帰るようにする」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「コンビニなどで時間をつぶす。それでもまだ後をつけてくるなら、交番に駆け込む」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

帰り道の途中にコンビニなど遅くまで開いているお店があるなら、そこに入って時間をつぶすというのも一つの方法。尾行されているかもというのが気のせいなら、後ろにいた人はいなくなるでしょうし気のせいじゃなかったとしてもコンビニの店内では何もできないはず。尾行を確信できたら周囲の人に助けを求めることもできますね。

■存在に気づいて警戒していることをアピール

・「後ろを振り返りながら帰る」(31歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「とにかくいろんなところに寄り道してみる。定期的に振り返ってそっちに歩いてみる」(29歳/その他/その他)

・「わざと曲がってみたり、後戻りしてみる」(25歳/電機/技術職)

どういう目的で尾行するにしても相手が気づいていると思ったら簡単に手出しはしてこなさそう。歩いている途中に後ろを振り返ったり周囲を伺ったりして、尾行に気づいている、警戒しているというアピールをするのも効果的。まっすぐ家に帰らず、別の道を通ったり後戻りしたりするのもいいですが、くれぐれも明るい場所を通るということを忘れずに。

実際に知らない人から尾行されているかもという状況になったら、冷静な対応をしろという方が難しいですが、こういうときは恥ずかしがっていてはダメ。最近は物騒な事件も多いので、反応が過剰になってしまうのも当然で周囲の人もそこは理解してくれるはず。ちょっとでも「おかしいな」と思ったときには、まず周囲にほかの人がいないか探す、開いているお店に入るなど第3者に助けを求めることが必要です。勘違いだったら……という心配よりも身の安全の方が大事ですよ。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数131件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE