お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子が覚えておきたい、仕事にやる気が出ないときの3つの対処法

ファナティック

疲れているわけでもないのになんとなく仕事に対する意欲がわかない。だからと言って、仕事を休んでしまうわけにもいかないのが働く女子のつらいところ。そこで今回は、「仕事にやる気が出ない……」そんなときの効果的な対処法を女性たちに教えてもらいました。

■仕事をがんばったあとのご褒美を準備しておく

・「お気に入りの昼食やおやつを持っていく」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「仕事以外のことにモチベーションを持って一時休息」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「どうしようもない。その後の飲みを励みにがんばるしかない」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事後の楽しみを思い出して定時に上がるようにつとめる」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「週末の予定や旅行の計画を立てる。仕事と関係ない楽しいことを想像して、早く終わらせようという気持ちにする」(28歳/情報・IT/営業職)

午前中の仕事が終わったらランチは好きな物を食べる!今日の仕事が終わったら飲みに行ける!など仕事が終わったあとのご褒美を準備しておくと、それを目標にやる気が出るという人も。今がんばらないと定時に退社できないという気になれば少しはやる気も出るかもしれませんね。

■ゆっくり眠る

・「その日はなるべく早く帰って睡眠をしっかり取る。頭がスッキリすればやる気も起きてくる」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「とにかく寝る。やる気がないときは取りあえずぐっすり寝て心身ともに休めるのが一番だと思うから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

やる気がないまま一日を終えてしまったら、その気分を翌日まで持ち越さないためにも早めに帰宅して睡眠をたっぷり取るといいという女性もいます。頭も体もゆっくり休ませてあげれば、やる気モードにチェンジするのも簡単になるのでしょうね。

■一度、まったくちがうことをしてリセットする

・「いったん全然ちがうことをして気分を変える」(28歳/その他/その他)

・「いったん昼寝する。スッキリしてかなりやる気がでます」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「軽く体を動かす。コーヒーなどを飲んでリフレッシュすること」(24歳/食品・飲料/専門職)

やる気の出ないままデスクに座っていても非効率的。一度、席を立ってまったくちがうことをすると気分がリセットされてやる気が起きることも。もし、可能なら15分くらいの昼寝をするというのも効果的ですが、それが無理ならお気に入りの飲み物などでリフレッシュするのもいいですね。

働く女性たちの多くは仕事にやる気が出ないという経験をしたことがあるようで、その気持ちを切り替える方法をいろいろ考えているみたい。毎日、仕事に全力投球しているとふとした瞬間に意欲が薄れてしまうことも。がんばったあとにはしっかり休息を取ることも忘れないでくださいね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数142件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年06月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE