お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子も流されやすい? 彼女に影響を受けて好きになったもの3選

ファナティック

彼女の影響長く時間を共有した相手の癖や口調がうつってしまった経験ってありませんか? 無意識にそういったものがうつってしまうことは珍しくありません。その相手が好きな人、恋人ならばなおさらです。また、癖や口調だけではなく、「好きなもの」まで影響を受けることも……。そこで今回は、世の男性たちに「恋人の影響によって、いつの間にか好きになってしまったもの」について聞いてみました。

【ドン引き確実! 彼女には言えない秘密をこっそり教えてもらった→「ボーイズラブ好き」……】

服の趣味が変わった

・「ファッションにまったく無頓着でしたが、ブランドものを着るようになりました」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「服のセンスがなかったので、いろいろ教えてもらった」(33歳/情報・IT/技術職)

・「服のブランド」(32歳/機械・精密機器/技術職)

そういえば、街中のカップルをふと見ていると、洋服のテイストがまったく異なる組み合わせってあまり見かけないような……。もともとちがう趣味だった人も、だんだんと相手の影響を受けて変わっていくことがあるですね。

彼女が食べたがるものを食べていたら……

・「パスタはあまり食べたことがなかったが好きになった」(28歳/金融・証券/専門職)

・「コーヒーが飲めなかったけど、飲めるようになった」(27歳/情報・IT/営業職)

・「芋焼酎。それまで飲んだことがなかった」(31歳/商社・卸/営業職)

・「彼女の影響で料理がうまくなった」(22歳/情報・IT/技術職)

女性が好きな食べもの、男性が好きな食べものってなんとなく分かれますが、デートの際は彼女の食べたいもの、女性が好むものを優先しがち。そういう経験の積み重ねにより、食の趣味が変化していくこともあるんですね。

彼女がすすめる音楽

・「音楽の好きなアーティスト」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「音楽センス。クラシックが好きになった」(32歳/金融・証券/専門職)

・「彼女の影響でビジュアル系バンドにハマった」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼女がミスチルが大好きで、CDを借りて聞いているうちに自分も好きになった」(32歳/学校・教育関連/専門職)

デートでライブやコンサートに行く人、多いですよね。恋人が好きなアーティストのライブに一緒に行っているうちに好きになったり、恋人が聴いている曲が気になって聴きはじめたりすること、女性でもあるのではないでしょうか?

男性たちはこのような影響を恋人から受けているそうですが、女性のほうはどうなのでしょうか? お互いに影響を与え合うということは、関係が深まっている証拠。これを読んでいる人も、無意識に恋人の影響を受けているかもしれませんよ?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月16日~29日にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年05月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE