お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼の気持ちがわからない! 「恋わずらい」で眠れなくなったエピソード3選

ファナティック

好きな人のことを考えるだけでドキドキして眠れない。幸せなような疲れるような複雑な気分ですが、あなたはそんな経験をしたことがありますか? 今回は、「恋わずらいで眠れなくなった経験」について女性たちにアンケートで聞いてみました。

■彼が離れていく予感がして

・「恋人に振られる前、2カ月間くらいは何とか心を戻してほしくて悩んで悩んで胸が痛くて眠れなかった」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「彼に別れを告げられる予感があって、次に会う日までは眠れなかった」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

付き合っている間はいつか別れるという不安が常につきまとうものですが、何となく振られる予感のようなものを感じてしまうとどうすればよいのかわからず、夜も眠れなくなるという女性は多いようですね。

■片思いの彼の自分への気持ちがわからず

・「相手のメール内容や、話した言葉の意味など考えすぎて眠れなくなってしまった」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「今の彼を好きになったとき遠距離だったので、いま何してるか、好きな人がいるんじゃないか、など気になりすぎて寝られなかった」(25歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「好きな人のことが気になってしまって、脈ありかなとかなしかなとか考えているうちに眠れなくなったことがある」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「彼が私のこと好きなのかそれともただの仲のいい友だちと思っていたのかわからなかった。安心できなかったから。同じころ彼も眠れなかったらしい」(25歳/金融・証券/営業職)

彼が自分のことをどう思っているのかわからない片思いの時期って、楽しいこともありますがいろいろとモヤモヤしてしまうことも多いですよね。考えても答えが出ないことはわかっていても考えずにはいられないようです。

■彼からの連絡を待ち続けて

・「好きな人からなかなかメールの返信がこなくてそわそわして眠れなくなった」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「LINEを送って、いつもなら早く既読がついて返事があるのに、既読がなかなかつかなかったとき」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「好きだった人にメールを送って返事がないときに、いろいろ考えて眠れませんでした」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

いつもならすぐに返信が来るのになかなか来ない。こんなときって「嫌われたのかも」と考えてしまったりしますよね。ただ、忙しいだけかもしれないと気軽に考えるほうが気持ち的にもラクですが、それが簡単にできないのが恋なのかも。

彼のことを考えるだけで眠れない乙女な気持ちはいくつになってもなくならないもの。付き合う前も付き合っているときも彼のことを考えるとドキドキして眠れなくなってしまうのはわかりますが、睡眠不足は美容の大敵。彼にキレイな姿を見てもらうためにもちゃんと睡眠はとりましょうね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数240件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE