お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

くびれは一日にして成らず! 女子が実践する「美しいくびれを作る方法」3つ

ファナティック

洋服をキレイに着こなすためになくなると困るのが「くびれ」。でも油断していると「ウエストはどこ?」と言いたくなるほどなくなってしまいやすいものでもあります。そこで、今回は女性たちが実践している美しいくびれを作る方法について聞いてみました。

ウエストマークの洋服を着る

・「ゴムのスカートなど楽な服を着ない。常に腹筋に力を入れて生活をする。楽をすると体型もだらけてくるので」(28歳/機械・精密機器/技術職)

ラクだからといってウエストゴムのスカートやパンツをはいていると、くびれはすぐになくなってしまいます。いつでも腹筋に力を入れて、くびれを意識するようにするだけでも美しいくびれをキープすることができますよ。

エクササイズでくびれ作り

・「定期的なピラティスとジョギング」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「寝る前にヨガをしている」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「ベリーダンスを習っている」(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「ビリーズブートキャンプ」(32歳/建設・土木/技術職)

・「ストレッチや体操をして太らないようにしている」(32歳/その他/事務系専門職)

・「ひねりをいれた腹筋。テニス」(26歳/情報・IT/技術職)

・「フラフープ」(26歳/電機/事務系専門職)

くびれを作るためにヨガをしたり、ピラティスやベリーダンスでお腹まわりの筋肉を鍛えているという人は多いですね。

意識してお腹をひねる

・「暇なときにウエストをひねる動きをする」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「脇腹のリンパマッサージをしています」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「腹筋やねじり」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お腹まわりをキュッと引き締めるためには「ひねる・ねじる」といった動作が効果的。ウエストをひねるだけなら、ちょっとしたすき間時間にもできそう。余計なものをもみだすようにマッサージをしてあげるのもよさそうですね。

くびれを作るためには毎日の努力の積み重ねが大事。日ごろから楽ちんな洋服を着ないようにしたり、腹筋に力を入れて生活したり、時間があるときにはエクササイズするなど、コツコツと心がけることが美しいくびれを作ることにつながるはず。気持ちがゆるんでいるとウエストまわりもゆるんでくるということですね。薄着の季節を乗り切るために、あなたも何かはじめてみませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数203件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE