お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

一瞬であの人に好かれる! ドライブデートで女子力をアップさせる方法って?

ファナティック

ドライブデートは彼との距離を一気に縮めることができるチャンスです。ドライブデートのチャンスをゲットしたら、ぜひ彼に好かれるように振る舞いたいものですよね。どうすれば女子力アップすることができるでしょうか? 実際に女性がやっている方法を聞いてみました。

■運転手である彼のサポートに徹する!

・「運転してくれる彼氏のサポートをする」(31歳/不動産/専門職)

・「ある程度、行く場所を決めておく、道を下調べしておく」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ETCがついていなかったときのために小銭を用意しておく」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「ペットボトルなどのふたを開けてあげる」(28歳/金融・証券/営業職)

・「彼が疲れていないか、敏感に察知する」(32歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「余計な口を出さない」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

どんなサポートをすればいいのか、慣れないうちは難しいものです。彼の運転の妨げにならないよう、さりげなくサポートするのがいいでしょう。手が離せない場合、自分が食べるより前に「食べる?」などと聞くことも大切です。長時間の運転になってきたら、休憩を促すのもいいでしょう。

■飲み物やティッシュなどは用意してあげよう

・「ドライブ中に食べられるお菓子を用意しておく」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「飲み物、ガム・キャンディー持参。手作りのおにぎりやサンドイッチも朝早く出掛けるときは持参」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「膝掛け、ウエットティッシュを持って行く」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「タオルやハンカチを持っている」(31歳/金融・証券/営業職)

ドライブ中は、ちょっとしたものを口に入れたくなりますよね。待ち合わせのときから持って来ていれば、デートの始まりがスムーズになります。また、食べ物をこぼしたりゴミが出ることがあるため、拭くものやゴミ袋があると安心できます。

■絶対寝ない! 会話を続ける

・「助手席で寝ないで、ナビ替わりをする」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「運転してる彼のために眠くならないようにしてあげる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「会話術を磨く」(33歳/不動産/事務系専門職)

助手席で爆睡する女性はNGだと思われがちです。寝ないことはもとより、楽しい会話をしてあげるなど、配慮を見せるといいでしょう。

■見た目にいつも以上に気を使う

・「できるだけ太ももが見えそうな短い目のスカートや短パンをはきます」(31歳/その他/その他)

・「ほのかに香る香水を付けて、車内にいい香りを漂わせる」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

上記のサポートに慣れていたり、あるいはドライブデート自体が初めてでどうすればいいかわからないという場合、女性の武器をアピールすることも男性にとってはうれしいかもしれません。運転しながら見える太ももや胸元など、いつも以上に気合を入れて準備しておきましょう。

ドライブデートは女子力をアピールするチャンスがたくさんあります。慣れないうちは、何かしてほしいことがないか彼に聞いたりすれば、その気づかいは彼に伝わるでしょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年3月20日~30日にWebアンケート。有効回答数170件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE