お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対言っちゃイヤ! 心ががさついた、同僚男子のひとこと

ファナティック

心ががさついた、同僚男子のひとこと言った本人は悪気がないかもしれないけれど、言われたほうにしてみればすべてが嫌になってしまうほどグサリとくるひと言ってありますよね。今回は、働く女性たちが同僚男子に言われて「心がガサつく」と感じた言葉についてのエピソードを聞いてみました。

■女は結婚に逃げられるからラクだな

・「『女は結婚に逃げることができるからずるい』と言われたとき、結婚してからのほうが大変なんだよと言いたくなった」(31歳/その他/その他)

・「『女は結婚するのが一番だよ』→男がそう思ってるだけ! あんたの奥さんの本音は絶対ちがう!」(30歳/通信/事務系専門職)

・「『結婚してるから辞めてもいいしね』って言われて、そんな風に思われるんだと思ってイラッとした」(30歳/生保・損保/営業職)

女性は結婚すれば働かなくても食べていけるからラクだよなというようなことを平気で言う男性がいますが、そうじゃないことは女性ならわかっていること。女性が結婚と仕事のことでどれだけ悩んでいるのかをまったく理解していない男性には腹が立ちますよね。

■ほかの女子に対して「かわいいよね」

・「『新人の子のほうがかなりかわいいですね』と言われブチギレた」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「高卒の女の子が入ってきたときのはしゃぎっぷり。やっぱり若さなんだなあと思った」(33歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「『○○ってかわいいよなー』とほかの女の子を褒められても反応に困るし、自虐的な気持ちになるから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

ほかの女性を褒められてもどう反応していいか困ってしまうし、「じゃ、私は?」と聞きたくなりそう。褒めるなら女子相手ではなく男性同士でやってほしいですね。

■女性力が低い

・「お弁当を作っているが、『どうせ冷凍食品でしょ?』と言われた。冷凍食品だって使うこともあるけど、あんたにそんなこと言われる筋合いないわ!」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「『がさつだね』いやいやあなたのほうががさつよ、っと思った」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「『メークしてる?』もともとメーク映えしない顔だが、自分なりに一生懸命、朝時間をかけてメイクしているのに、その一言でがさつく」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『女の子らしくない』。自分なりの価値観だけじゃなく、やっぱり女性らしいほうがいいのか~と思いました」(25歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

お弁当を作っても手抜きしているように言われ、メークをしてもそう思ってもらえない。同僚男子から女性力が低いとみなされるような発言をされると女性たちは傷ついてしまうようですね。

■そんなに遅くまで仕事しても意味ないよ

・「『あなたこの仕事、向いてないよ』向いてようが向いていまいが生活のために安い時給で働いてるんだよ!」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『その話し方で今まで仕事してきたの?』と言われたとき。すべてを否定された気持ちになりました」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「『そんなに遅くまで仕事しても意味ないよ』と言われたとき。もっと会社がよくなればと思ってがんばっていたのにショック!」(26歳/学校・教育関連/その他)

一生懸命仕事をしているのにすべてを否定されたような気になるひとことを言われたという女性も。同じ立場である同僚に全否定されるのはかなりショックですよね。

(ファナティック)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE