お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

アクセサリーのプレゼント。彼に選んでもらいたい? 自分で選びたい? 結果は大差で…

ファナティック

プレゼント彼にプレゼントしてもらってうれしいもの、たくさんあると思います。かわいいケーキや、素敵なワンピース…… 並べるとキリがないですが、中でも女性が喜び、ほしがるものといえば「アクセサリー」。クリスマスやホワイトデーが近づくと、ジュエリーショップを覗く男性の姿が多く見られます。しかし、このアクセサリー、正直なところ、自分で選ぶのと、彼に選んでもらうの、どちらが好ましいのでしょうが?

Q.アクセサリーを彼氏に買ってもらえるとしたら、どちらがいいですか?

「自分のセンスで選びたい」……73.7%
「男性のセンスで選んでもらいたい」……26.3%

働く女性たちに聞いてみたところ、なんと、「彼に選んでもらいたい」と思う女性は、4人に1人ほどしかいませんでした。その理由も聞いてみましょう。まずは、「自分のセンスで選びたい」派の意見から……


■自分が身に着けるものだし……
・「自分がつけるので自分好みのものがいい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「せっかくなら気に入ったものがいいから」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「自分のセンスで選んだほうが、持っている服装に合わせやすいからです」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

確かに、身に着けるのは自分自身。似合うものは自分が一番分かりますし、趣味もありますからね。どうせもらうなら、自分の気に入ったものがいいと思うのも分かります。

好きじゃないデザインのものをもらっても困る

・「好みじゃないのをもらうと使いにくくて、かえって申し訳ないので……」(27歳/農林・水産/事務系専門職)

・「前に選んでもらってプレゼントしてもらったら、自分のセンスと全然ちがったため、ほとんど使わなかったので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「男性のセンスを信用していない」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

センスがいい男性ならいいですが、センスのない男性の選んだものだと、たとえ好きな人が選んでくれたものでも、身に着けるのを躊躇ってしまいます。かといって着けないと、あれこれ言われてしまいますしね……。

では、逆に「選んでほしい!」とう女性にはどんな理由があるのでしょうか?

自分のために選んでくれたことがうれしい!

・「自分のために選んでくれた!って思えるので」(27歳/金融・証券/営業職)

・「自分のことを考えて買ってくれたものは、なんでもうれしいから」(29歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「相手のセンスがよければ、選んでくれるほうがうれしい」(31歳/学校・教育関連/技術職)

アクセサリーそのものよりも、彼が自分に似合いそうなものをがんばって探してくれた行為そのものがうれしいという意見が多く見られました。彼が、慣れないアクセサリー選びに苦心する様子を想像すると、ちょっと幸せな気分になれそうです。

彼のセンスを楽しみたい!

・「センスにもよるけど、相手に選んでもらったほうが楽しい。普段自分が選ばないのを選んでもらえるから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分で選ぶとありきたりになるので、彼に選んでもらって彼の好みにトライしてみたい」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/専門職)

・「サプライズのほうがうれしいから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

自分が選ぶと、確かにいつも同じようなデザインを選びがちですが、彼が選べば変化があるかもしれません。また、他者の、それも好きな人の目から見て、自分がどんなものが似合うと感じているのか、客観的な視点を得られる機会にもなり得ます。

目に見える場所に身に着けるものゆえに、彼のアクセサリー選びには、ついつい注文をつけたくなってしまう女性も多いことでしょうが、もし、気に入らないデザインであったとしても、ぜひそれを贈ってくれた彼の心は、喜んで受け取ってあげてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月2日~16日にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE