お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女子の休日

「可愛いから許してあげる」思わず笑ってしまった彼氏のデート遅刻の言い訳10選

ファナティック

デートの待ち合わせに遅刻した彼に対する怒りが頂点に達したころに現れた彼。「絶対に許さないから!」と怒ってはみたものの彼の言い訳を聞いた瞬間に大爆笑。あまりにも可愛い言い訳に怒りも吹き飛んでしまったという女性たちにそのときの彼の言い訳を教えてもらいました。

■ほのぼの動物ネタ

・「アヒルを眺めていて遅れてしまったと言われたときは笑ってしまいました」(31歳/その他/その他)

・「『犬を散歩に連れて行ったら、犬がまだ帰らないって踏ん張ったせいで……』と言われた。嫌がる犬を無理やり引っ張っていく彼氏の姿を思い浮かべたら笑ってしまった」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「電車がいのししにぶつかったらしくて止まった どんなに山から来てるんだとびっくりした」(30歳/医療・福祉/専門職)

犬はともかくアヒルやイノシシが身近にいるって……。彼が住んでいるところを想像するだけで笑ってしまいそうな言い訳ですね。

■お年寄りには優しく

・「おじいちゃんに頼まれて、『ものすごい大きいフォントでワードを作成して印刷していた』と言われたときは笑ってしまった」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「おばあさんの荷物を持ってあげたから」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

おじいちゃんの代わりにワードで作った文書をプリントしていたという彼。フォントが大きすぎて印刷に時間がかかったということでしょうがプリンターの前でじっと待っている彼の姿を思い浮かべるとおかしくなってきますね。

■夢中になりすぎて

・「朝ごはんに納豆を食べていて、夢中で混ぜていたら遅くなった」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ラジオがおもしろかったから遅れたと言われたことがありました。確かに地下鉄に乗ると聴こえなくなるし、しょうがないのかも」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

納豆を夢中で混ぜていたり、ラジオに熱中していたりして遅刻したというのもちょっとバカバカしすぎて笑ってしまいそう。でも、ラジオの方が大事なの? という疑問がわかなくもないですね。

■ミエミエのうそにあきれて……

・「靴が片方なくなったから、お母さんのハイヒール履いて到着するわけにもいかないから、買いにいってた」(28歳/通信/販売職・サービス系)

・「携帯とリモコンを間違えて出てきてしまったから交換しに行ってた。絶対うそだと思った」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「後輩が研究室の機械を壊してしまって一緒に直していた。エンジニアでもないのにうそでしょ?って思ったが本当だったので、『素人に直せるんだ!』と笑ってしまった」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

絶対にそんなことあるわけないとあきれてしまうような言い訳をする彼には苦笑するしかなさそう。でも、あり得ないと思うことをやってのける彼もいるようなので頭ごなしに怒るわけにもいかないですね。

本当なら遅刻するような彼は許せないと怒ってしまいところですが、いつもは遅刻しない彼の一度くらいの遅刻なら笑える言い訳で許してあげてもよさそう。あまり繰り返すようなら彼の人間性自体も疑いたくなりますけどね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年3月6日~16日にWebアンケート。有効回答数226件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]