お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

それでもモテる男がいい? 「モテ男の彼女の苦労」3つ

ファナティック

モテる男性を好きになると、彼に振り向いてもらうために、かなりの努力が必要になります。自分以外にとっても魅力的な男性であるがゆえに、ライバルたちを押しのけて、彼女の座に就くのはとにかく大変! しかし、そんな努力のたまものである地位についたとしても、苦労が絶えないのが「モテ男の彼女」の宿命……では、実際に彼女たちは付き合ってからどんな苦労をし、どんな結末を迎えたのでしょうか? アンケートで聞いてみました!

■浮気が心配

・「遠恋だったので常に心配だったこと。案の定浮気されて別れた」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「まわりの女がどんどん近づいてくるのですごく嫌だった」(32歳/生保・損保/営業職)

・「モテるから、告白されてばかりだったから、いつ振られるか怖かったし、振られたら納得できた」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「浮気を心配してしまうこと。結婚しました」(27歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

彼女がいるからといって、それが虫よけにならないのがモテ男です。「彼女よりも私を見て!」と常に近づこうとする女性が多く、気が気じゃありません。浮気の心配をしないためには、彼の心をしっかりと掴む必要がありますね。

■まわりの目が厳しい

・「彼を狙っていた女性たちから『美女と野獣の反対だよね』と言われて傷ついた」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「元カノがあらわれて、嫌がらせをされたこと」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「きちんと別れたって言っていた相手がストーカーみたいになって、デート現場で刺されそうになった」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ほかの女性からなんとなく妬みのような話をまわりから聞いたとき。結局普通に別れましたが」(32歳/その他/クリエイティブ職)

浮気の心配もさることながら、まわりの女性たちからの嫉妬にも耐えなければなりません。「何を言われても、何をされても、彼女は私!」と自分に自信を持てば、ストレスは軽減されるかも。

■彼からの要求が高い

・「自分のルックスに自信があるせいか、こちらへの要求も高くて大変だった。痩せてとかマニキュアをキレイに塗ってとか。結果的にそれとは無関係なことで、将来の夢を取られて別れた」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「モテることを自覚していたので、とても振り回された。自分は好意を表に出さないが、こっちが好意を見せないと機嫌が悪かった」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「自己中な発言がイラついた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「自分も緊張感を持ち続けて女を磨き続けなきゃな、と思うことはありました。結局は、そういう意味ではなく、ふつうに相性の問題で別れることになりましたが、あの緊張感は悪くはなかったです」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

魅力的な人間である、という自覚がある彼だったら、自己中心的、ナルシスト気味になる人もいるでしょう。それに振り回されるのは大変そうです。また、「彼の隣にいてつり合うように」と努力するのもまたひと苦労。でも、自分磨きにも繋がるととらえられれば、がんばれるかも!?

モテ男と付き合っている女性たちの苦労、いかがでしたか? 素敵な男性の恋人であるということは、多くの努力を必要とするようです。もし素敵な男性と恋に落ちたら、覚悟して彼女の地位を守り抜きましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数166件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE