お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼のママと仲良くなれない! そんな女子はなんと約70%! その理由って……? 「息子好きすぎ」

ファナティック

「嫁姑問題」に代表するように、どういうわけか「彼とはこんなにうまくいっているのに、そのお母さんとはまったくうまくいかない」という人は珍しくありません。同じ男性に近しい女性同士なのに、不思議なものですよね。実際にどれくらいの女性が、彼のお母さん「彼ママ」と仲良くないのか、その数字を見てみましょう。

Q.あなたは彼ママと仲良くしていますか?
「はい」……30.1%
「いいえ」……69.9%

なんと、約70%の女子が「いいえ」と答えました。仲良くやっていけている女性って、貴重なんですね。仲良くなれないその理由も教えてもらいました。

■まだ会わせてもらってない!

・「彼にママを紹介してもらっていないから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「遠くだし、あまり近づかないくらいのほうがいいと思って」(30歳/生保・損保/営業職)

・「遠方に住んでいるので会う機会がない」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚とはちがい、まだ交際レベルだと、会うことが叶わない人が多いようでした。彼の実家が遠い場合、そこにあいさつに行くとなると、もうその時点で「結婚前のあいさつ」という感じですよね。

■性格がダメ!!

・「馬が合わない」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「難しい性格の人だから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「性格がちがいます」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

彼を育てた人とは言え、彼とは別人。許せない性格、「合わないなぁ」と感じる性格、さまざまなネガティブな印象の性格ゆえに、一線引いてしまう人も。

■緊張して打ち解けられない……

・「自分が緊張してしまって、まったくうまく話せたことがないから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「まだ緊張してしまい、なじめない」(30歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・「お互い気を遣ってしまうから」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼ママと話すときの緊張感は、ただの近所のマダムや、親戚のおばさんと話すときとはまったく別次元のものです。いつもはおしゃべりな人も、緊張してうまくしゃべれなくなってしまっても不思議はありません。

■もう既に嫁いびり?

・「息子好きすぎ」(28歳/マスコミ・広告/営業職)

・「ぶっちゃけ表面的には仲良くしているけど、姑の心無い言葉だったりいびりみたいな行動が多くてつらい」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「傷つくことも言われるから」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

結婚してからお姑さんにチクチク言われる人は少なくありませんが、その攻撃は彼女にまで及ぶことも。「息子を奪う嫌な女」と敵認識されてしまうのはきついですよね。

彼ママと仲良くなれない理由、いかがでしたか? 「嫁姑問題」は、結婚前からもう始まっているんですね……。彼ママと会う予定がある人は、ぜひ十分に対策を練ってから、臨んでください!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年3月20日~30日にWebアンケート。有効回答数186件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年04月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE