お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恋愛でためらいがちな女性にありがちな特徴10選

ファナティック

悩んでいる女性新しい恋を始めるときには誰だって臆病になるもの。でも、それよりも相手のことを好きだという気持ちが大きければ一歩踏みだせるはずですよね。今回は、好きな人がいても最初の一歩を踏みだせないためらい女子の特徴について同性目線で語ってもらいました。

自分からはなにもしない

「いいなと思う人が居ても友だちに相談してるだけでなに一つ自分から働きかけない。そうしているうちに行き遅れていまだ独身。自分の恋心を気づいてほしい、歩み寄ってほしいと思っているだけで相手に期待しすぎ」(33歳/電機/秘書・アシスタント職)

「自分に自信がなくおとなしい子が多いです。とにかくずっと様子をうかがうだけで自分ではなにもしない子」(32歳/その他/クリエイティブ職)

「保守的でとにかく自分が傷つくのが嫌なんだと思います」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

「基本ネガティブ。相手がどう思うかとかじゃなく、行動をしないで頭の中だけでネガティブ完結してしまう」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

相手のことが好きだけれど自分が傷つくのが怖くて行動に移せない人って多いかも。相手からの行動を待っているだけではなにも始まらないということに気づかないと恋はできませんよね。

ネガティブ思考

「常に1年くらい先のことばかり考えている。先のことなので色々とリスクがあって当たり前なのに安全を選んでしまう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「相手の周りへの聞き込みが多そう。ネガティブな質問をしてさぐってそう」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

「誰にでも裏があると常に人を疑っている。自分に限って好きになってもらえることはないと、超ネガティブ」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

「私もそうですが本当に相手を信じていいか、不安。付き合った後に変わったりするのか、とか考えてしまいます」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

相手の男性のことを信用できず、自分のことを好きになってもらえるはずがないと考えるネガティブ思考な女子も恋愛をためらうタイプ。付き合いはじめたら彼が変わってしまうんじゃないか、彼に裏の顔があるんじゃないかなど考えすぎてなにもできなくなりそうです。

過去にとらわれすぎ

「過去の恋愛の失敗にとらわれていて、今回もこうなんじゃないかと勝手に先回りしてしまいそう」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

「彼の交友関係や過去についてそれとなく周辺人物から探りを入れる女」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

彼の過去、自分の過去の恋愛の失敗など過去にとらわれすぎて目先のことが考えられない女子も恋愛をためらいがち。過去は過去とすっぱり割り切ることが大事ですよね。

過去の自分、ネガティブな自分に振り回されて恋愛をためらってしまう女子は多いでしょうが、せっかくの出会いをそんなことでなくしてしまうのはもったいないと思いませんか? 過去の恋愛で反省することはあるにしてもそれで臆病になる必要はないはず。新しい出会いがあったら気分をしっかり切り替えることが大事ですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月25日~3月11日にWebアンケート。有効回答数210件(22歳~34歳の働く女性)

 

※この記事は2015年03月31日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE