お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

約7割の男性が支持! 会話中「ずっと相手の目を見て話をする女性」をどう思う?

ファナティック

会話をしているときに、「相手の目を見て話す」という姿勢は、相手に対し「ちゃんとあなたとの会話に集中していますよ」というサインでもあります。でも、ずっと見つめられてしまうと、少し困ってしまう人もいるようで……? そこで今回は、男性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q. 会話をしているとき「相手の目をずっと見て話す女性」はどちらかというとどっち?
好き……69.6%
嫌い……30.4%

<「好き」派の意見>

・「自分の話をちゃんと聞いてくれる、と感じるから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「自分のことが好きなんじゃないかと勘違いできる」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「相手の目を見て話すのは、誠実さを感じる」(30歳/情報・IT/技術職)

・「大好きな女性なら、それはとても嬉しい」(27歳/自動車関連/技術職)

・「マナーのある、いい子だと感じるから」(22歳/情報・IT/技術職)

目を見て話すということで、誠実さを感じる男性は少なくないようです。恥ずかしくて、目を見て会話するのが苦手……という人も、挑戦してみる価値はあるかも。

<「嫌い」派の意見>

・「緊張してしまうし、恥ずかしいから」(26歳/農林・水産/技術職

・「あまり見つめられ続けるとその雰囲気が重く、自分から目を反らしたくなってしまうので」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「萎縮してしまうので話しづらい」(28歳/医療・福祉/その他)

・「心を見透かしてきそうだから」(37歳/建設・土木/事務系専門職)

「嫌い」派の意見としては、どうしてもその熱い視線に緊張してしまうようです。もし、彼のことをじっと見つめているときに、会話がしづらい態度を示したら、ときどき視線を外してあげることも必要なのかもしれません。

目を合わせて話すことは、誠実さを伝える行動ではありますが、苦手な人がいるのも事実。自分は平気でも、相手が緊張しているそぶりを見せたら、相手の気持ちを察し、より話しやすい空気を作る工夫をしてみましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年3月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳〜39歳の社会人男性)

※この記事は2015年03月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE