お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

スルーする? 女性が絶対に指摘しない、友だちの「なんかちがうなー」と思うこと

ファナティック

口を押さえる女性いくら仲がよくても友だちに対して「それはちがうんじゃないの?」とはっきり指摘するのって気を使いますよね。今回は、友達がしていることに対して疑問を感じても指摘できずにスルーしてしまうことについて女性たちに聞いてみました。

恋愛に対する考え方

「男性経験が多いほうがいいという友だち。繰り返しているので、注意したいが本人がそれで幸せそうなのでなにも言えない」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

「彼氏がいるのにちがう男性と遊ぶこと。口うるさいと思われそうだから」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

「『彼氏がほしい! 結婚したい!』と、積極的に合コンや飲み会に参加している女友だちがいるが、『そんなにがっついていたら男が逃げそう』と思っても失礼だし上から目線っぽいし、がっついたほうがチャンスをつかめることもあるだろうから言えない」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

「男を値踏みするような行為はおかしいと思う、自分も同じように値踏みされたらどう感じるか考えたことが無いのか? 相手の職業・地位・経済力・経歴・学歴・家柄で好きになるかどうか決めるのはおかしい」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

恋愛観は人それぞれちがうものなので、それは間違っているとはっきり言いづらいのも事実。でも、彼を選ぶ基準などが自分とちがいすぎる友だちに対しては「なんかちがうな~」と感じずにはいられないようです。

結婚に対する理想

「結婚にはお金が必要とまず職業から選択をし始める友人」(32歳/金融・証券/営業職)

「結婚を前提に交際を申し込む。最初からそんなこと言ったら重くて断るにも断れないし、申し込んだ側も期待してしまう」(24歳/情報・IT/技術職)

結婚相手は理想通りの人を選びたいという気持ちが強すぎるのか、条件ありきで男性を選ぶ友だちに疑問を感じる人もいるようです。生活するためにはお金が大事なのは当然ですが、それだけで結婚を決めるのはちょっと……と思ってしまうのでしょうね。

金銭感覚のちがい

「女だから親にあまえて色々買ってもらってる。それぞれの家庭のことには口ださないほうがいいとは思うけど、社会人なのにって思います」(29歳/生保・損保/営業職)

「毎日ランチに外食している。お金を使うのをためらわないのを凄いなと思う」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

「買い物に上限金額をもうけない。人それぞれの金銭感覚だから指摘はしない」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

お給料もそんなにちがわないはずなのにお金の使い方が派手な友だちに対して、自分とはちがう考え方をしているんだなと思う女性も多いようですね。金銭感覚は人それぞれ、指摘しても仕方がないと思いつつも「ちがうな」という気持ちは隠しきれないようです。

他人に対する態度

「一緒にご飯を食べててワインを注文したけど、『まずいね』と言ってお店の人に文句を言っていること。選んだのは自分達だしお店の人は悪くないのでそれはやめてほしいと心では思っているけど、これ以上空気を悪くしたくないので言えない」(33歳/医療・福祉/専門職)

「人といるときに頻繁にSNSを更新したり、LINEをしたりすること。自分ももしかしたらやってしまっているかもしれないので不快に思ってもあまり言えない」(28歳/食品・飲料/技術職)

人と一緒に食事に行ったときに空気が悪くなるような発言をしたり、スマホをいじり続けていたり。自分もやっているかもしれないと思うと指摘できないという人もいるようです。一緒にいても気分が悪くなるような友だちって、付き合い自体を考え直したくなりますね。

女性同士だから言いやすいこともあれば、女性同士だからこれは指摘するとケンカになるかもとわかってしまうことも多いもの。でも、本当に仲がよくてこれからも付き合っていきたいと思うのであれば否定するのではなく、「私はこう思う」と自分の意見を伝える形で相手にわかってもらうというのも一つの方法ですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月25日~3月11日にWebアンケート。有効回答数210件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年03月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE