お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

その差はココ! 男性が語る「しっかりメイク」と「厚化粧」のちがいとは

ファナティック

合コンや意中の男性とのデートなど、メイクに気合いを入れるときってありますよね。でも、やりすぎてしまうと「しっかりメイク」ではなく、ただの「厚化粧」になってしまっていることも!? そこで今回は、男性のみなさんに「しっかりメイク」と「厚化粧」のちがいについて聞いてみました。

Q.あなたは、女性のメイクで「しっかりメイク」と「厚化粧」には違いがあると思いますか?
あると思う……54.0%
ないと思う……46.0%

約半数の男性が「ちがいがある」と回答する結果に。「しっかりメイク」と「厚化粧」のちがいを具体的に教えてもらいました。

■周囲の人が「いいね」と思うかどうかは重要

・「好印象かどうかのわかれ目」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「社会人として問題のないメイクか、それとも問題あるメイクかの差」(31歳/商社・卸/営業職)

■厚化粧に対して、辛らつなひと言

・「厚化粧は、ただのごまかし」(33歳/生保・損保/専門職)

・「厚化粧はメイクが下手に見える」(31歳/食品・飲料/技術職)

■しっかりメイクと厚化粧の差はココ

・「素顔を生かしているのがしっかりメイク、単に厚塗りしているのが厚化粧」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「しっかりメイクは冠婚葬祭などにもふさわしい感じ。厚化粧はただの厚塗り」(28歳/自動車関連/技術職)

・「しっかりメイクは、くすみなどをうまく隠している。厚化粧は塗りたくっていて肌の色が変わっている」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「しっかりメイクは、目元などを重点的にメイクしていそう。厚化粧は全体的に塗りたくっていそう」(32歳/機械・精密機器/技術職)

手厳しい意見が続々と寄せられました。いつもより濃いメイクをするときは、加減に気をつけて、「厚化粧だな」と思われないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年2月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年03月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE