お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

買ってしまった! 使ってしまったブランドムック4選「アナスイのトートバッグ」「MILKのキャミソール」

ファナティック

華やかなふろくで、女性たちの注目を集めるのがブランドムックです。購入する予定がなくても、つい手に取ってしまう……なんてことも、ありますよね。働く女性たちが、つい買ってしまった! そして使ってしまった! ブランドムック本とそのふろくについて、調査してみました。

Q.今までにブランドムックを買ったことはありますか?

 「ある」……11.0%
 「ない」……89.0%

あると答えた女性は11.0%という結果になりました。どんなムック本を購入したのか、その詳細を教えていただきました。

■その個性にほれぼれ

・「あちゃちゅむ。いつも変わったバックがついているから。服に合わせて使っている」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「ネ・ネットのムック。にゃーのトートがついていた。サブバックとして使っていた」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

個性的なバッグは、ファッションのワンポイントとして取り入れると刺激的。しかし自分で購入するのは、勇気がいるものです。「雑誌のふろく」くらいの値段なら、手軽にチャレンジできそうですね。

■大人カワイイキャラクター

・「ムーミンのもので小さいバッグが付属していました。一時期使っていましたが今はもう使用していません」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「スヌーピーでトートバッグ。サブバッグとして」(26歳/金融・証券/営業職)

上と同じく、キャラクターものも自分で購入するのは勇気が要りますよね。ムック本のふろくなら、デザインも「大人の女性向け」でつい惹かれてしまいます!

■人気ブランドの……

・「トリーバーチのムック本です。ミニポーチが入っていたのですが、想像よりも安っぽい生地でがっかりして、一度も使わないまま処分しました。それ以来ムック本は買っていません」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「アナスイ。トートバッグ。ランチに行くときに使っていた」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「レスポートサック。リボン柄のバッグインバッグ。今使用している」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

雑誌で見て「いいなぁ」と思いながらも、手軽に購入できないのが人気ブランドアイテムです。それがふろくで手に入るなんて、非常にお得です! ただし値段を考えると、「想像以上のもの」を期待するのは難しいのかも……!?

■バッグ以外のふろく

・「MILK。キャミソール」(31歳/不動産/事務系専門職)
・「ギルフィーの、ニット帽が付いていたもの。3年以上前のものだけど今も使っている」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ムック本のふろくの定番と言えば「ポーチ」や「バッグ」。これ以外のふろくがついていると、なんとなくお得に感じてしまう女性も多いのではないでしょうか。「雑誌のおまけ」っぽくないので、重宝します!

あなたなら、どんなムック本に惹かれ、つい手に取ってしまいますか? 女性たちの注目を集めるために、さまざまな進化を遂げるムック本。次はどんなふろくがついてくるのか、注目してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE