お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

給料日前を乗り切る! ひとり暮らし女子が実践する「食費をおさえるコツ」3つ

ファナティック

ひとり暮らしで大切になってくるのが「節約」。そこで今回は、女性のみなさんが「食費をおさえるために実践していること」について聞いてみました。

■冷凍庫をフル活用

・「野菜は安いときに買って冷凍し、お腹のふくれやすいポトフなどを作る」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ご飯をまとめ炊きして、冷凍保存」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/経営・コンサルタント系)

・「きのこを購入してたくさんジップして冷凍し、スープや炒め物などに使う」(22歳/情報・IT/技術職)

冷凍庫と電子レンジがあればできる節約術。安い食材を長く使うことができるのが魅力的ですね。

■料理をアレンジ

・「鍋をやった次の日はおじやにする」(30歳/電機/事務系専門職)

・「カレーの残りをご飯に乗せてとろけるチーズをのせてオーブンで焼く。カレードリアになります」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「野菜スープからシチューやカレーにする」(30歳/学校・教育関連/専門職)

残った料理を有効活用して、翌日に別の料理に生まれ変わらせる、という人も。カレーや鍋物などは、多めに作ることも多いので、アレンジレシピを覚えておけば飽きずに食事も楽しめそうです。

■節約に欠かせない食材を有効活用

・「もやしと少量の小麦粉を混ぜて、チーズを乗っけて焼く」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「もやしを使う。あとはとり胸肉」(33歳/金融・証券/専門職)

・「キャベツや白菜でかさまし」(27歳/情報・IT/営業職)

安いのに、さまざまな料理に使えるもやしは、節約女子には欠かせない食材のようです。また、かさまししやすい食材をうまく使っている人も。

コンビニのお弁当や外食ばかりだと、お金もかかってしまいますし、建康にもあまりよくないもの。ぜひ自炊を心がけて、体にもお財布にもやさしい生活をしていきたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数171件(22歳〜34歳の働く女性)

※この記事は2015年03月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE