お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ズバリ聞いてみた! 女性が結婚相手に求める「貯金額」は?

ファナティック

結婚相手に対して、ある程度貯金をしていてほしい……と思うのは自然なことだと思いますが、実際にいくらぐらいが理想なのでしょうか? そこで今回は、働く女性に「結婚相手に求める貯金額」について、ズバリ聞いてみました。

Q.あなたが「結婚相手」に求める貯金額は?
●1位/300万円以上~400万円未満……18.6%
○2位/500万円以上~600万円未満……17.6%
●3位/200万円以上~300万円未満……15.0%
○4位/1,000万円以上……11.9%
●5位/100万円以上~200万円未満……10.9%
○6位/400万円以上~500万円未満……9.8%
●7位/100万円未満……5.7%
○8位/600万円以上~700万円未満……4.2%
●9位/800万円以上~900万円未満……3.1%
○10位/700万円以上~800万円未満……2.6%
※単一回答式・11位以下は省略。

■1位/「300万円以上~400万円未満」

・「結婚式、新居生活に必要な家具代などの半分の費用くらいは貯金していてほしい」(26歳/その他/営業職)

・「結婚式と新婚旅行のお金くらいは、親に頼らずにまかなえるくらいの額を持っておいてほしい」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

1位は「300万円以上~400万円未満」という結果となりました。結婚初期は何かとお金がかかるもの。お互いお金を出し合うにしても、結婚式を挙げて新婚旅行も行って、新居も構えて……となると、このくらいは貯めておいてほしい! というのが女性の本音なのかも?

■2位/「500万円以上~600万円未満」

・「結婚してから2人で貯めればいいと思うけど、30歳を超えているなら、500万程度貯めらている金銭感覚の人がいい」(30歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「1年間、仕事をできなくても暮らしていけるくらいの貯金はしておいてほしい」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

結婚初期にかかる費用のためというよりも、相手の金銭感覚を見たいという意味で「500万円以上~600万円未満」という意見が寄せられました。たしかに、しっかりとした貯金があれば、結婚したあと予想外の出費や収入減……ということがあってもやっていけそう、と安心できますよね。

■3位/「200万円以上~300万円未満」

・「最低これくらいはあってほしいな~、と思う。急なことがあっても、なんとかできる」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「住むところや、家具・家電を買うことを考えると、とりあえずこれくらいは」(25歳/医療・福祉/専門職)

3番目に多かったのが「200万円以上~300万円未満」の貯金を求める女性。回答を見ると、「これが最低限妥協できるラインだから」という声が目立ちました。

自分自身がしっかり貯金をしておくというのも大切ですが、できれば結婚相手も、日々の生活が心配にならない程度の貯金はしておいてほしいもの。お金のことはなかなか聞きにくいものですが、将来のことを真剣に考えているのなら、一度腹を割って話してみてもいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数193件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]