お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

一生に一度でいいから! 女子が死ぬまでに着てみたい洋服は? 「十二単」

着物世の中にはたくさんお洋服があふれていますが、「高価すぎる」「似合わない」「着てみたいけれど恥ずかしい」などの理由で身につけることが難しいものもありますよね。あなたが「一生に一度でもいいから着てみたい!」と思う服って、ありますか? 女性の皆さんに聞いてみました。

■女ならやっぱりウェディング

・「純白のウエディングドレス」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「マーメイドのロングトレーンウエディングドレス」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「白無垢(むく)、色打ち掛け、ウエディングドレス」(25歳/医療・福祉/専門職)

これぞまさしく、結婚しないことにはなかなか着られない服ですね。最近はシングルウェディング……なんていうものもあるようなので、結婚しなくても着ることは可能ですね……。

■豪華なドレス

・「ハリウッドセレブのようなドレス」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「何億もするダイヤのアクセサリーとブランドドレス」(28歳/金融・証券/営業職)

・「ヤマモトヨウジのクチュールドレス。女性をりんと美しく見せることにかけては彼以上のデザイナーはいないと思うので」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

レッドカーペットを歩くセレブやスターの姿、やっぱり素敵ですよね! 普通に生活していたら、まず着ることはなさそうです。

■ステージ衣装……?

・「アルフィーの高見沢さんみたいなやつ、憧れというよりなんかノリで着てみたい」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「モーニング娘。のラブレボリューション21の衣装」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ジャニーズみたいなきらきら派手なステージ衣装」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「小林幸子」(26歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

どう考えても、一般人が普通に着るのは困難……。小林幸子さんの衣装に関してはほぼ装置なので、それなりの空間も必要ですね。

■各種コスプレ系

・「アラジンのジャスミンが来ているような服」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「シンデレラのような超豪華なドレス」(30歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「セーラームーンのコスプレ」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

・「バニーガール」(28歳/その他/その他)

・「キャビンアテンダント」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「女子高生の制服を再度着たい」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

コスプレのイベントやハロウィーンパーティーなどでは、割と普通にいそうな気もしますね。制服を着て、高校時代とのギャップを感じるのは、なかなか勇気がいりそうです。

これらのほか、「舞妓(まいこ)さん」「十二単(ひとえ)」などの和装をあげる声もありました。実現不可能なものもありそうですが、中には自分の気持ち次第で着られそうなものも。思い切って着てみてもいいのかも……?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]