お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

やっているかも?元CAが語る飛行機のNGマナー

飛行機に乗る際は、ついつい手荷物がかさんだり、隣に座った人に会釈をするか迷ったりと、狭い機内での振る舞い方は難しいものです。そこで、元CAが語る、飛行機に乗る際に実践したいマナーを紹介します。

【いまさら人に聞けない席次マナー「タクシー」「飛行機」編】

1.搭乗時間を守らない。
搭乗時間に遅れると飛行機に乗ることはできませんが、搭乗時間に搭乗名簿にある乗客が表れない場合、航空会社のスタッフはアナウンスなどの対応に追われます。また、それによって出発時間が遅らせてしまう場合もあるので注意が必要です。

2.前の座席を蹴る。
狭い機内では、ついついリラックスする姿勢をとるために、前の在席に足を押し付けてしまう場合がありますが、この行為は他の乗客の迷惑になる他、万が一の際に逃げ遅れたり、不必要なけがをしたりする場合があるので注意が必要です。

3.自分で運べないほど重い荷物を手荷物にする。
旅行の際はついつい荷物が増えてしまい、手荷物も重量オーバーの人もいるかもしれませんが、自分で運べないほど重い荷物の場合、機内でもほかの乗客やスタッフに迷惑をかける可能性があります。

4.リクライニングを急に倒す。
エコノミークラスの場合、座席が狭いのでリクライニングを倒すと、後ろの乗客の邪魔になる場合が多くなります。食事中やテーブルで作業している時に急に倒してしまうことをさけるために、倒す前に確認するようにしましょう。

参考:
Rules of Flying: Ex-Flight Attendant’s Top 10 Airline Etiquette Tips
https://www.yahoo.com/travel/rules-of-flying-ex-flight-c1423612253298/photo-allow-those-in-front-of-you-to-disembark-first-photo-1423612386913.html

お役立ち情報[PR]