お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
美人食

あぁ、うらやましい! 「見た目年齢が若く見える女性の特徴」4つ

女子としては、時に「実年齢」よりも重要となるのが「見た目年齢」です。見た目が若々しければ、得することも多いもの。努力を重ねて、若々しい美を維持したいですね。ではいったい、どんなところに気を配ればいいのでしょうか? 女子たちに「見た目年齢が若く見える女子の特徴」を教えてもらいました。

■お肌ピカピカ

・「色白で肌のきめがこまかい」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「ほうれい線がなく、シワがない」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

お肌の美しさは、若さのもと! 注目している女子も多いようですね。美肌は一日にしてならず。ぜひ継続的なケアで若さを保ち続けましょう。

■髪つやつや

・「髪のボリュームや色を若々しくしている人」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「髪の毛がつやつや、肌がきれい。服が落ち着いていても髪の毛がきれいな人は若く見えるから」(25歳/情報・IT/営業職)

お肌とともに目立ったのが、「髪」に関する意見です。ケアがしっかりされているのはもちろん、髪型や髪色にも気を抜いてはいけません。ボサボサパサパサの髪では、魅力も半減してしまいます。

■童顔

・「幼い顔立ち」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

生まれ持った顔の造作が若々しい人。若いころは「幼く見える」と不評かもしれませんが、アラサーになると効力は抜群!? 正直うらやましいです。

■内面からあふれるパワー

・「見た目より内面が元気」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「表情豊か。よく話してよく笑う人」(27歳/ソフトウェア/技術職)

・「人生を楽しんでいる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

自分の人生を心から楽しみ、充実させている人は、それだけでなんとなく輝いているものです。見た目だけにとらわれないことで、自然と「若さ」はついてくるものかもしれませんね。

見た目年齢を若く保つためには、髪やお肌、そして内面から出るオーラに気を配るのがよさそうですね。今の自分に足りないものが何なのか、一度冷静に分析してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数232件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]